膣イキしやすい体位・伸長位(伸展位)について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒膣イキしやすい体位について >  膣イキしやすい体位・伸長位(伸展位)について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

膣イキしやすい体位・伸長位(伸展位)について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

 前の章【膣イキしやすいされる体位とその理由】からの続きです。

 ◆伸長位(伸展位)で膣イキするための解説
 
 『伸長位(伸展位)』は、女性があお向けで脚を伸ばしたままの姿勢で挿入される体位の総称です。
 伸長位には、男女の体勢の違いで「しがらみ(志がらみ)」「しめ小股」「唐竹割り」「浜千鳥」などと呼ばれるバリエーションがあります。
 
 膣イキしやすいされる『伸長位(伸展位)』の長所と短所を見てみましょう。


 ★伸長位(伸展位)の長所
●女性が脚を伸ばしている事で、膣イキするためにリキみやすい。
●挿入が浅くなりやすいので、早漏の男性でも射精までの時間が長くなる可能性がある。
●膣口やクリトリスから快感を得やすいので、膣内の快感を大きくしやすい。
●子宮後屈の女性には痛みや違和感を感じない挿入になる可能性がある。
 
 ★伸長位(伸展位)の短所
●オナニーで脚を曲げてイク癖が着いている女性だと、脚を伸ばしているので膣イキするためにリキみにくい。
●膣口が背面に近い女性には挿入が難しい。
●身体の硬い男性には、挿入することも、腰を動かす事も困難である。
●女性の閉じた脚がジャマするので、男性器の挿入が浅くなりやすい。男性器の長さによっては挿入することが困難。
●伸長位でしか膣イキが出来なくなることがある。
  
  【解説のイラスト:クリックで拡大】
  manzokunosusume_ikiyasui_shigarami_A.jpg
  manzokunosusume_ikiyasui_shigarami_B_2013101403023758d.jpg
 
 ★伸長位(伸展位)の長所について
 伸長位の長所の「●女性が脚を伸ばしている事で、膣イキするためにリキみやすい」は、セックスのハウツー物で伸長位が膣イキやすい理由として良く言われることです。
 イクためには、身体の力を入れる事が基本的に必要なので、
 脚を伸ばしていると、イこうとする時に、足先を伸ばしたり、肛門を締めたりとリキみやすいのです。
 
 さらに、伸長位は「●挿入が浅くなりやすいので、早漏の男性でも射精までの時間が長くなる可能性があります」。
 早漏の男性は、女性が膣イキするのに必要な刺激を続ける事が出来ない事が多くあります。
 女性が「あと少しでイケそうだったのに」と言う時に射精してしまうわけです。
 
 伸長位は、膣の圧迫が増えて男性の快感が高まり射精が早くなる可能性もありますが、
 その一方で、挿入が浅くなり、男性の動きが細やかになりやすいので、そこから男性への快感が弱くなれば、射精を遅らせやすくなるのです。
 これにより伸長位で男性は、女性が膣イキするのに必要な時間の刺激を続けられる可能性があるわけです。
 
 伸長位の大きな長所として見落とされがちなのが、
「●膣口やクリトリスから快感を得やすいので、膣内の快感を大きくしやすい。」ということです。
 これは、膣イキが出来ない女性が膣イキ出来る様になるために、特に大事な点です。
 
 膣で快感を得て膣イキが出来るようになるために忘れてはならないのは、膣内の快感の仕組みについてです。
 膣内、特に膣奥や子宮口は、本来、ほとんど無感覚な部位です。
 ですから本当なら快感は得られない「はず」なのです。
 
 しかし、その無感覚な膣奥で快感を得て膣イキするには、
 膣奥の摩擦や振動を全身のどこかで受けて、それを女性の脳が「これは快感なんだ」として処理してくれなければなりません。
 他にも、膣からの振動が間接的にクリトリスに伝わって、「これは膣内からの快感だ」として脳が処理してくれなければなりません。
 そして、自分では制御する事のできない神経系が、膣イキ特有の絶頂感を起こしていきます。
 膣奥で起こる快感のほとんどは脳が作っています。
 膣奥の快感は脳が作り出し、膣イキは迷走神経などの神経が条件反射のように起こし、脳がそのイキ具合を味付けしている現象なのです。
 
 「伸長位」は女性の脚の間から侵入して挿入するので、男性の挿入角度はナナメ上からナナメ下になりやすくなります。
 これにより男性器によってクリトリスをこすったり、膣の入り口付近をこすりやすくなります。
 これによって、クリトリスの快感や膣口付近の快感を得やすいので、
 脳が膣内の振動を「膣内からの快感だ」と処理しやすくなり、そして、膣内で大きな快感が起きていると処理しやすくなるのです。
 ですから、「伸長位」は膣イキしやすいのです。

 「●子宮後屈の女性には痛みや違和感を感じない挿入になる可能性がある。」
 強度の子宮後屈の女性は、指や男性器を挿入されると違和感や痛みを感じます。
 本来なら、膣口からゆるやかな坂道のように潜って子宮までたどり着くはずの膣が、強度の子宮後屈の女性は急斜面になっていることが多く、このため、
 強度の子宮後屈は膣の奥行きが短くなり、この行き止まりの膣壁に挿入された物が当たると違和感や痛みを感じやすいのです。
 manzokunosusume_shikyuu_koukutsu.jpg
 伸長位は、女性の脚の間から挿入するので、男性の挿入角度がナナメになりやすくなります。
 これが、強度の子宮後屈の膣口から急降下している膣道の角度と合いやすいのです。
 これにより、膣壁を叩きにくくなるので、違和感や痛みになるような刺激になりにくいのです。

 
 ★伸長位(伸展位)の短所について
 脚を伸ばしているので、イク時にリキみやすいはずの伸長位ですが、
 「●オナニーで脚を曲げてイク癖が着いている女性だと、脚を伸ばした姿勢は、かえってイキにくくなります。」
 
 『女性の自己開発オナニー』の記事や『してはいけないオナニーのやり方』の記事でも書いているように、オナニーでは、いつも決まった体勢で行わず、いろんな体勢でイケるようにしましょう。

 「●膣口が背面に近い女性には挿入が難しい。」
 「伸長位」は女性の脚の間から男性器を挿入するので、膣口までの距離が遠くなります。
 ですから、膣口が女性の身体の前面に近ければ近いほど挿入しやすくなりますが、
 膣口が女性の身体の背面に近い女性には挿入するのが困難になりやすいのが「伸長位」の短所です。
 ここで、膣口と肛門までの距離が近いか遠いかを基準にしてはいけません。
 肛門の位置も個人差があるので、
 あくまで、膣口が身体の前面に近いとやりやすい、
 膣口が背中に寄っているとやりにくい、と考えます。
 manzokunosusume_seiki_no_ichi_2.jpg

 「●身体の硬い男性には、挿入することも、腰を動かす事も困難である。」
 「●女性の脚がジャマするので、男性器の挿入が浅くなりやすい。男性器の長さによっては挿入することが困難。

 伸長位は、身体の硬かい男性には挿入するのが難しい体位です。
 挿入角度が特殊なので、それに慣れる事ができずに、腰を動かすのもままならない人もいます。
 
 女性の脚の間から挿入するので、男性器の挿入は浅くなりやすく、
 男性器の長さが充分でないと、挿入することが出来ない場合があります。
 
 「●伸長位でしか膣イキが出来なくなったりする。」
 伸長位で、女性が脚を閉じたり、閉じた脚を絡める体位のバリエーションを「しめ小股」と呼びます。
 manzokunosusume_ikiyasui_shimekomata.jpg
 「しめ小股」は脚を閉じているので、男性の挿入はさらに浅くなります。
 
 脚を閉じたり、脚を絡めているので膣の圧迫感が強くなりますが、
『してはいけないオナニーのやり方』の記事にかいている「内股に力を入れるオナニー」の状態になりやすく、
 「しめ小股」の体位でしか膣イキが出来ない(他の体位では膣イキ出来ない)という問題が発生する事があります。
 ですから、伸長位の中でも「しめ小股」はしないのをオススメします。
 脚を開いて伸ばす伸長位をしましょう。
 
 
 ★「伸長位の変形」と「浜千鳥」について
 伸長位のいくつかの短所をカバーする「伸長位の変形の体位」を紹介します。
 この体位は、身体の柔らかさと下半身の筋力のある男性にしか行うのが難しいバリエーションですが、
 女性は、やや大きく開脚し、男性は、女性の脚の間に腰をおろすようにM字開脚で膣に挿入します。男性の左右の脚は女性を挟むように位置します。
 この「伸長位の変形」体位では、ナナメの角度のまま深い挿入が可能です。
 この「伸長位の変形」の体位では、膣口が背面に近い女性にも挿入が可能です。
 manzokunosusume_ikiyasui_henkei_shinchoui.jpg
 
 伸長位のバリエーションの中で「浜千鳥」と呼ばれる体位も、
 女性は、伸ばした脚をやや大きく開き、男性は女性の開いた脚の間で、男性は脚を後方に伸ばして挿入します。
 脚を広げて寝ている女性に対して、男性は腕立て伏せするような体勢で挿入するということです。
 「浜千鳥」の体位は、やや深い挿入が可能です。
 「浜千鳥」の体位は、膣口が背面に近い女性にも挿入が可能です。
 manzokunosusume_ikiyasui_hamachidori.jpg

 「伸長位の変形」に体位と「浜千鳥」に体位は、やや脚を大きく広げるので、
 大きく広げないタイプの伸長位よりも、イク時にリキみにくいのが短所です。
 

 ちなみに、上記している、女性の脚の間から挿入するタイプの伸長位で、
 男性と女性が抱き合って密着する伸長位が「しがらみ(志がらみ)」。
 女性の伸ばした脚を、男性が脚で挟み込んだり、男女の脚を絡ませる伸長位が「唐竹割り」と呼ばれます
 
★伸長位(伸展位)のやり方
 
【1】まず、正常位で挿入します。
【2】挿入したまま。女性は脚を広げ伸ばします。男性は脚をやや揃えて、後方に伸ばします。上記した「浜千鳥」に体位の状態です。 
【3】男性は、片脚を浮かせ、女性は浮いた男性の脚をくぐるように脚を閉じます。
 これを両脚で行うことで、「しがらみ(志がらみ)」「唐竹割り」の体勢を完成させます。

 どの様なバリエーションの伸長位でも、
 『膣イキに恥骨を起点とする動き』の記事にある腰の動きになるように出来る限り心がけましょう。
 manzokuno_susume_sounyu_ugoki_02.jpg
 
 

★伸長位(伸展位)をしながらできる事

 伸長位(伸展位)で腰を動かしながら、
 男性は、女性のクリトリスを指で刺激してみましょう。
 あるいは、女性は自分でクリトリスを刺激してみましょう。
 
 『膣イキを得るためのブリッジ法』という記事でも書いている。
 「セックスで挿入しながらクリトリスを刺激する」というブリッジ法が行えます。
 
 ブリッジ法によって、膣イキ出来ない女性が膣イキを得やすくなったり、
 膣内快感が大きくなったり、膣イキの絶頂感が大きくなったりします。
 
 他の挿入体位でもブリッジ法は可能ですが、
 伸長位(伸展位)の体位は、女性の体勢がブリッジ法をするのに向いている体位だと考えられます。
 
 しかし、伸長位(伸展位)の体勢で、男性が腰を動かしながら、クリトリスを指で刺激するのは、クリトリスの位置を見て確認しにくいので難しいかもしれません。
 伸長位(伸展位)はもともと挿入が浅くなりがちなので、指でクリトリスを刺激するための空間を作るために腰を引くと、男性器が膣から抜けてしまうかもしれません。 
 
 伸長位(伸展位)で男性がクリトリスを刺激するには、器用さと、身体の柔らかさと、ある程度の男性器の長さが必要かもしれませんが、
 繰り返し挑戦してみてコツを覚えましょう。
 
 次の章では、『寝バック』の体位を解説していきます。
 次の章へ⇒『寝バックについて』

 
 【関連記事】
 ⇒『膣イキを得るためのブリッジ法』
 ⇒『女性の自己開発オナニー』
 ⇒『してはいけないオナニーのやり方』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。