膣イキしやすい体位・寝バックについて - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒膣イキしやすい体位について >  膣イキしやすい体位・寝バックについて - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

膣イキしやすい体位・寝バックについて - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

 前の章【膣イキしやすい体位・伸長位(伸展位)の解説】からの続きです。
 
 ◆寝バックで膣イキするための解説
 
 俗に膣イキしやすいと言われるセックスの体位はいくつかあり、「寝バック」もその一つです。
 女性が四つんばいになり男性が背後から挿入するバック(後背位)と違い、
 女性はうつぶせになり、男性が背後から挿入するのが寝バックです。
 体位の四十八手では「敷き小股」という名前が付いています。

   manzokunosusume_ikiyasui_shikikomata.jpg
 
 ◆寝バックの長所と短所
 
 寝バックの長所をあげていくと、
●うつぶせの方がリキみやすい女性には、尻や脚に力を入れやすい。
●骨盤の傾きが一定になる。
●女性が腰を上下に動かしやすい。
●感じている顔を見られたくない女性には都合が良い。
 などが考えられます。 

 寝バックの最大の長所は、
 ●うつぶせの方がリキみやすい女性には、膣イキするために、尻や脚に力を入れやすいということです。
 
 あお向けの方が身体に力を入れやすい人もいれば、うつぶせの方が力を入れやすい人もいます。
 
 さらなる長所は、●骨盤の傾きが一定になる。という事です。
 女性の身体や腰が浮いた状態になる普通のバック(後背位)の体位は、女性の腰(骨盤)前に傾いたり、後ろに傾いたりと不安定なので、
 男性は、自然と抜き挿しするピストン運動が主になり、男性器で膣内をまんべんなく刺激することが難しくなります。
 寝バックは、女性の骨盤の傾きが一定になるので、
 男性は腰の回転運動によって、膣内をまんべんなく刺激しやすくなります。
   manzokuno_susume_sounyu_ugoki_02.jpg
 
 
 また、さらなる寝バックの長所は、●女性が腰を上下に動かしやすい。ということです。
 膣イキしやすいとされる体位の多くは、
 男性が腰を動かすのに合わせて、女性も腰を動かせる体位になっています。
 
 快感が高まってくると自然と腰が動く女性は多くいますが、
 女性が男性に合わせて自分で腰を動かし、より多くの快感を得る動きによって膣イキが得やすくなる事があります。
 
 普通のバック(後背位)の体位は、腰を上下にテンポ良く振る動きをするのが難しいのですが、
 寝バックは女性が腰を上下に動かしやすい体位です。
 騎乗位なら女性は前後に腰を動かす動きが、寝バックでは上下の動きになります。
 
 さらに、これが意外に重要な長所に、●感じている顔を見られたくない女性には都合が良い。と言うのがあります。
 快感で顔がゆがむのを見られたくない、イキ顔を見られたくない、という女性は案外に多くいます。
 これによりセックスに集中が出来なくて、それがイケない原因になっている女性もいますから、
 このような女性にとっては顔が見えにくい寝バックは都合が良いのです。
 

 
 次に、寝バックの短所をあげていくと、
●膣口が身体の前面に寄っている女性はやりにくい。
●男性の姿が見えないので女性が不安を覚える。
 
 短所の、●膣口が身体の前面に寄っている女性はやりにくい。については、
 女性器の位置は人それぞれで、
 身体の前面に寄っている人もいれば、身体の背面に寄っている人もいます。
  manzokunosusume_seiki_no_ichi_2.jpg
 寝バックは、膣口が、身体の背面に寄っている人はやりやすく、
 膣口が、身体の前面に寄っている人にはやりにくくなります。
 
 寝バックのさらなる短所に、●男性の姿が見えないので女性が不安を覚える。があります。
 不安感が快感のジャマをしたり、
 後ろから挿入される事が、動物的な事を嫌ったり、暴力的な印象を持つ女性だと、
 そういった気持ちが快感を得るジャマになります。
 
 ◆寝バックのやり方と注意  
 
 寝バックのやり方は、
 女性はうつぶせに寝て、いくらか脚を広げます。
 男性は女性の尻のあたりにまたがり、両膝をついて体勢を低くして、男性器を挿入します。
 
 この時、男性が、女性器に挿入しにくいと感じたなら、その女性は、寝バックに向いていない膣口の位置をしていたり、寝バックに向いていない女性器の傾きをしている可能性があります。
 
 やりにくい位置にある膣に無理な挿入は性交痛を起こすので止めましょう。
 
 なお、女性の下腹のあたりにマクラやクッションを挟むことで腰を浮かすと挿入しやすくなることもあります。
 
 ◆寝バックのバリエーション
 
   manzokunosusume_ikiyasui_neBack_variation.jpg
 ●男性がM字開脚(そんきょの姿勢)で挿入する
 女性が、脚をやや開き、男性はM字開脚(そんきょの姿勢)で挿入すると、膣に男性器をより深く挿入する事が可能です。
 より深い挿入を望む女性には効果的です。
 
 ただ、この体勢は、女性の太ももに男性が座ってしまうと、女性は男性の体重を感じる事になるので、
 男性は、座ることなく脚で身体を支えなければならないので、下半身が鍛えられていないと長時間行うのは難しいかもしれません。
   manzokunosusume_neback_var2.jpg
 ●女性の腹か股間の下に何かを挟む
 女性の腹か股間の下に枕やクッションを挟んで、女性の腰が浮いた状態にすることで、
 男性が挿入しやすくなったり、挿入角度が変わったり挿入がより深くなることで快感が増えたり(逆に減る事も)、寝バックでは痛みが出る女性が痛みが出ない、などの効果が期待できます。
   manzokunosusume_neback_var3.jpg
 ●女性は胸を床に着けたまま、腰を高く上げる
 女性は胸を床に着けたまま、腰を高く上げます。男性は後背位(通常バック)の時の様に挿入します。
 この体勢になると寝バックとは言えないかもしれませんが、
 腰の位置が高くなることで、男性はより深い挿入をすることができます。
 上記した腰の回転運動でポルチオなどの膣奥の性的開発が行いやすい体勢です。

 しかし、挿入が深くなり、子宮などが床方向に下りるこの体勢は、男性器の先が膣奥の膣壁に当たりやすくなるということは、
 女性の性交痛を起こしやすくなる体位でもあるので注意が必要です。
 
 ◆寝バックをしながら出来る事
 
 男性は、寝バックで挿入し、腰を動かしながら、
 女性の尻を左右から押してみましょう。
 尻の膨らみの中央。女性が尻に力を入れた時に凹むあたりを、尻の左右それぞれを、手の平か握った拳でグーッと押してみてください。
 
 上手く出来ていると女性はより快感を感じ、
 膣イキの時にリキむのと同じ状態になるので、膣イキに導ける可能性があります。
 
 他にも、『簡単な体外式ポルチオ開発の方法』の記事に書いている、女性の尻からポルチオの開発を行う事の多くが寝バックをしながら出来ます。
 記事へ⇒『簡単な体外式ポルチオ開発の方法』
 
 さらに、寝バックをしながら男性は、女性の「背中」や「首」や「腕」などに触れてみましょう。
 女性は、挿入の快感を得ながら身体のどこかを触られると、普段の愛撫より大きく快感を得られる可能性があります。
 さらには、身体のどこかで快感を得ながら挿入すると、膣内の快感をより大きくする可能性があるのです。
 
 他の記事でも書いているように、脳が刺激をどの様に処理するかによって、膣内の快感は大きくも小さくもなるので、
 性的興奮を感じたり、身体のどこかで「気持ち良い」と感じながら挿入することは、とても重要なことなのです。
 
 次の章では、『屈曲位』の体位のやり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由について解説します。
 次の章へ⇒【屈曲位について】
 
 
 【関連記事】
 ⇒『簡単な体外式ポルチオ開発の方法』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。