膣イキしやすい体位・屈曲位について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒膣イキしやすい体位について >  膣イキしやすい体位・屈曲位について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膣イキしやすい体位・屈曲位について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

前の章【寝バックの解説】からの続きです。

 ◆『屈曲位』で膣イキ(中イキ)するための解説

 『屈曲位』は、膣イキしやすいと言われるいくつかの体位の一つです。
 正常位のバリエーションで、折り曲げた女性の身体に男性が覆いかぶさるように挿入し、女性の脚を男性の肩に乗せます。
 セックスの日本式の体位の四十八手では「深山本手」という名称で呼ばれています。

 manzokunosusume_ikiyasui_kukyokui.jpg
 
 ナゼ、屈曲位は膣イキしやすいと考えられるのか、屈曲位の長所と短所をあげてみます。
 
★屈曲位の長所
 ●男性が動くと、女性の脚や身体が揺れる事で、女性は膣快感を得やすく、それが膣イキにつながる。
 ●女性は脚を伸ばした体勢なので、イク時に脚に力を入れやすい。
 ●女性は身体を折り曲げた体勢なので、腹筋にやや力が入った状態になり、それがイクための筋肉の緊張につながる。
 ●男性が覆いかぶって身動きがしにくい状態を性的に興奮する女性がいる。
 
★屈曲位の短所
 ●男性器が膣奥に当たりやすいので、膣奥を突くと痛みを感じやすい
 ●身体の硬い女性には長時間続けられない体勢。姿勢を作る事が出来ない女性もいる。
 ●男性が体重をかけてピストン運動をすると、女性は身体に苦しさと痛みを感じる。
 
 他の記事でも書いていますが、あらためて膣内の快感と膣イキの仕組みについて説明します。
 膣内、特に膣奥や子宮口は、本来、ほとんど無感覚な部位です(神経が無いという事ではありません)。
 ですから快感は得られない「はず」なのです。
 
 しかし、その無感覚な膣奥で快感を得て膣イキするには、
 膣奥の摩擦や振動を全身のどこかで受けて、あるいは神経系が脳に伝えて、それを女性の脳が「これは快感なんだ」として処理してくれなければなりません。
 他にも、膣からの振動が間接的にクリトリスに伝わって、「これは膣内からの快感だ」として脳が処理してくれなければなりません。
 そして、自分では制御する事のできない神経系が、膣イキ特有の絶頂感を起こしていきます。
 膣内で起こる快感のほとんどは脳が作っています。
 膣内の快感は脳が作り出し、膣イキは迷走神経などの神経が条件反射のように起こし、脳がそのイキ具合を味付けしている現象なのです。
 
 屈曲位の長所に「●男性が動くと、女性の脚や身体が揺れる事で、女性は膣快感を得やすく、それが膣イキにつながる。」と書きましたが、
 私(筆者)は膣快感の開発と膣イキのためには「恥骨同士離さないようにする動き」をすることを推奨していますが、
 屈曲位は、男性の腰が浮いているので、この動きがやりやすい体位でもあります。
 
 屈曲位は、男性が動きに合わせて、女性は脚と身体が大きく揺れます。
 女性は、膣の快感と共に身体が揺れることから、振動と快感を結びつける事を無意識に覚えるので、
 これが膣内の刺激(振動)から膣イキにすることに結びつきます。
 
  【↓恥骨同士離さないようにする動きの解説のイラスト:クリックで拡大】
    
  【↓解説の動画;観られない場合は⇒http://youtu.be/_n04K8i2G2Q
 
 
 セックスでは、刺激を脳がどの様に処理するかで快感の「ある」「なし」が決まりますから、性的に興奮をしていることはオーガズム(イクこと)を得るのにかかせません。
 ですから、●男性が覆いかぶって身動きがしにくい状態を性的に興奮する女性にとっては、屈曲位の体勢はよりたくさん快感を得られる体位になります。
 
 屈曲位は、「●女性は脚を伸ばした体勢なので、イク時に脚に力を入れやすい。」
 「●女性は身体を折り曲げた体勢なので、腹筋にやや力が入った状態になり、それがイクための筋肉の緊張につながる。

 と、長所にあげたように、脚や身体に力を入れやすい体位でもあります。
 女性がイクためには、全身の筋肉の緊張が必要です。
 イキなれた女性だと、リキまなくてもイケるのですが、イキにくい女性ほどリキみが必要です。
 屈曲位は、身体を折り曲げた体勢でリキめる女性にとっては、イクための筋肉の緊張をしやすい態勢です。

 このような屈曲位も、
 短所にあげているように、身体を折り曲げた体勢は、
 ●身体の硬い女性には長時間続けられない体勢。姿勢を作る事が出来ない女性もいます。

 さらには、男性が体重をかけて覆いかぶさった体勢は、
 ●女性は身体に苦しさと痛みを感じる女性もいます。
 
 屈曲位は、腰のピストン運動もやりやすい体位なので、ついついピストン運動をしてしまいがちなのですが、
 屈曲位はバック(後背位)と並んで、女性が膣奥の痛みを感じやすい体位でもあります。
 (短所の「●男性器が膣奥に当たりやすいので、膣奥を突くと痛みを感じやすい」
 ⇒『男性の腰のピストン運動で膣イキできない理由』
 
 ◆屈曲位からの応用
 
 上記した様に、快感と共に、女性の脚や身体が揺れる事は、膣内の刺激が膣イキにつながります。
 そこで、男性が女性の脚を揺らす体位をしてみましょう。
 
 屈曲位と同様に、男性器を挿入された状態で女性は脚を伸ばしますが、
 男性は女性に覆いかぶさることはなく、
 男性は腰を動かしながら、女性の脚を手でつかんで前後に揺らします
 
 女性は脚を広げていても、閉じていてもかまいません。
 脚を伸ばしていられて、より快感を得やすい様にします。
 脚を広げていた方が良い女性なら脚が曲がらないように力を入れること。
 脚を閉じていた方が良い女性なら、ヒザとヒザの間が広がらないように力を入れましょう。

 
 この脚を揺らす方法は、身体の硬い女性でもやりやすいと思われます。
 
 【解説のイラスト:クリックで拡大】
 manzokunosusume_yurasu_taii.jpg
 
 『膣奥を「突く」のでは無く「押す」「引く」だけ』の記事にあるように、女性の膣を突くのではなく、男性の腰の動きは「押す」と「引く」の繰り返し、
 女性の脚を前に揺らす時に「引き」、女性の脚を後ろに「押す」。
 男性の腰の動きと女性の脚の前後の動きが上手く合うと、
 上記した【恥骨同士離さないようにする動きの解説のイラスト】のような回転の動きになるはずです。
 
 まれに、脚を左右に揺らした方が快感の多い女性もいます。
 
 ◆屈曲位をしながらできること
 
 屈曲位をしながら、乳房や乳首やクリトリス、その他の身体の部位に触れてみましょう。
 
 膣快感を得ながら、または、膣イキしながら身体の各部を触ると、より大きな快感を得られることがありますし、
 乳首やクリトリスなどの快感が、膣の快感を大きくする呼び水になることがあります。
 
 
 次の章では、『対面座位』について、そのやり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由を解説します。
 次の章へ⇒【『対面座位』について】
 
 【関連記事】
 ⇒『男性の腰のピストン運動で膣イキできない理由』
 ⇒『膣奥を「突く」のでは無く「押す」「引く」だけ』
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。