女性の最高の快感があると言われる「ポルチオ性感帯」になるには何が必要なのか

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆ポルチオ性感について・・・◆◆  >  ⇒ポルチオとは >  女性の最高の快感があると言われる「ポルチオ性感帯」になるには何が必要なのか

女性の最高の快感があると言われる「ポルチオ性感帯」になるには何が必要なのか

 前の章【女性が喜ぶように「ポルチオが開発されている」とは、どんなことか】からの続きです。 
 
 ポルチオが「最高の性感」とか「究極の絶頂感」が起きるような性感帯になるには何が必要なのか解説していきます。

◆ポルチオ、Gスポット、クリトリスの絶頂感の違い
 
 Gスポットへの刺激でイクのとポルチオでイクのでは、同じ膣イキでも感覚が違うという女性が多くなります。
 ポルチオでイクほうが「深い」とか「大きい、広い」という表現をする女性は良くいます。
 
 クリイキも膣イキも、脳の中のオーガズムを起こす部位は同じでも、
 脳がどのように処理するかによって変化で出るので、イキ方にいろいろな種類があり、絶頂感にも違いが出ます
   manzokunosusume_portio_chitsuengai.jpg
 クリトリスとGスポットとポルチオ。
 それぞれのイキ方に違いが出るのは、
 膣内の絶頂感は脳の処理と身体の反応の出方によって味付けがされるので違いが出てくるのですが、
 そうなるのは関わる神経が違うからだとも考えられます。
 
 クリトリスは陰部神経。
 クリトリスのイキ方は、絶頂感は強いが継続時間は短い。
 Gスポットは下腹神経。
 Gスポットのイキ方は、全身や主に下半身に絶頂感が伝わる。継続時間は長い。
 ポルチオを迷走神経。
 全身に絶頂感が伝わり、継続時間が長い。断続的に繰り返したりする。
 ポルチオの迷走神経は、脳と直接つながっているので、ポルチオのイキ方は脳を混乱に巻き込んでいくようなイキ方、意識が正常でなくなるような状態を作り出すことがあるのだと考えられます。
 
 前の章までで書いたように、ポルチオでの快感やポルチオでイクことを「最高の性感」とか「究極の絶頂感」だと良く言われますが、必ずそうなるとは言い切れません。
 ポルチオがその女性にとっての究極になるかどうかは、その女性の脳しだいです。
 女性が脳が快感をより大きく増幅できる状態で、男性がその女性の快感を引き出せる状態であれば、ポルチオによる快感・絶頂感はとても大きくどこまでも続くので、究極になることもあるでしょう。
 そうでなければ、ポルチオで快感を得られても「私はクリトリスのほうが好き」と言う女性はいくらでもいます。

  
 ◆ポルチオが性感帯になるには
 
 ポルチオの快感は脳が作っていると書いたように、
 ポルチオの快感を「最高の性感」とか「究極の絶頂感」にするためには、
 女性の脳を快感に対して敏感にして、小さな刺激や普通の快感をもっと大きな刺激(快感)として感じるようにしていくことが必要になるのです。
 
 ポルチオが性感帯になるには、男性はポルチオ周辺をはじめとする女性の身体への適切な刺激がまず必要です。
 女性の脳が膣奥の刺激を快感としてくれればポルチオの快感が始まり、やがてポルチオ・イキが起こります。
 
 さらに、言葉などによって女性の脳を快感に対して敏感にさせる必要があります。
 男性の言葉の通りに身体が反応していく様な事です。
 男性の言葉の誘導で女性の脳は刺激に対して敏感になっていきます。
 例えば、男性から「イケ!」と言われると女性がイッてしまうというような状態です。
 この男性の言葉の通り反応するようになっていくことにより、快感がどこまでも広がるポルチオがキマった(ポルチオが開発された)状態になっていきます。
 
 そして、女性側は、脳と身体が敏感になっていくことを拒否せずに、「もっと快感がほしい」と自分の変化を受け入れていくことが必要です。
 女性が「もっともっと」と求めれば、女性が「身体の揺れでイッてしまう」というくらいまでは、自己開発によってもポルチオ開発が出来ます(もっと自己開発できるかもしれませんが、かなりまれな例だと思います)。
 これが「膣奥(ポルチオ)でイケる」という次の段階、「ポルチオが開発されている」という状態になるには必要なことです。
 
 ここまでに書いてきたように、
 ポルチオの性感は、ポルチオ(子宮頚部)それ自体を刺激することから起こすのではなくて、さらに女性の脳の働きが身体の反応や絶頂感を広げていくのには必要という特徴があるという、
 この様な事から、『簡単な体外式ポルチオ開発の方法』の記事に書いているような、身体の外側からのポルチオの開発も可能になります。
 
 ポルチオ周辺(膣奥)への刺激に痛みを感じる女性はとても多くいます
 これは、セックスの経験を重ねることで痛みが消えていく女性も良くいます。
 しかし、セックスを何回しても膣奥の痛みが消えず、快感どころか痛みしかないという女性もいます。この場合は、婦人科に行って医師の診察を受ける事をオススメします。
 
 ポルチオやその周辺を刺激しても当初は違和感しか感じない女性も多くいます。
 クリトリスと違って、触ればイコール快感という部位ではないのです。

 経験とともにポルチオをへの刺激が快感に変わっていくということも良くあります。このことは女性が経験を重ねるとともに膣奥でも快感を得られるようになって行くのと似ています。
 
 こういったことから、
 ポルチオの開発には時間がかかるとか、
 経験を重ねなければポルチオは痛みしか感じられないものだとか。
 出産後にポルチオが開発されることが多い、などと言われます。
 ポルチオの快感の満足は脳が作っているのですから、脳が働いてくれなければポルチオとしての快感は起きまません。
 ただ、それは、脳がポルチオの快感だと処理してくれれば、すぐにも起きるということでもあります。
 
 身体が揺れるだけでイクような「ポルチオがキマっている」と言われる状態のポルチオの開発は、なかなか難しいことではありますが、
 ポルチオ(膣奥)でイクことまでは比較的に容易です。
 ですから、まずはポルチオ(膣奥)でイクという段階の開発を目指しましょう。
 
 さて、
 『ポルチオ開発の基本的な方法』では、「膣奥(ポルチオ)でイケる」から「ポルチオで連続でイケる、揺れでイッしまう」という状態になるための具体的なポルチオの開発方法をイラストを交えて紹介しています
 『ポルチオの見つけ方』では、膣内のポルチオの探し方について書いています。
 記事へ⇒『ポルチオ開発の基本的な方法』
     ⇒『ポルチオの見つけ方』
 
 【関連記事】
 ⇒『簡単な体外式ポルチオ開発の方法』
 ⇒『膣イキ(中イキ)させたい男性の為のポルチオ開発ハウツー 【男性器を使ったポルチオ開発方法】』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2011/10/20 10:00 ] ⇒ポルチオとは | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

クリ、G、ポルチオ
女性の性感帯と言われる、 クリトリス、Gスポット、ポルチオ。 1人エッチする時は、 クリトリスを中心に弄ってイっちゃう。 でも、夫に弄られる時は、 クリちゃんをクンニしてもらって、 中に指を入れられたら、もうメロメロになって、 早くおちんちんを入れて欲しくなる。 ★女性の最高の快感があると言われる「ポルチオ性感帯」になるには何が必要なのか 夫に聞くと、指を...
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。