膣イキしやすい体位・対面座位について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒膣イキしやすい体位について >  膣イキしやすい体位・対面座位について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

膣イキしやすい体位・対面座位について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

 前の章【屈曲位の解説】からの続きです。

 ◆対面座位で膣イキ(中イキ)するための解説。女性の動き方

 『対面座位』は、膣イキしやすいと言われるいくつかの体位の一つです。
 座った男性の下腹部に女性がまたがって挿入する体位です。

  manzokunosusume_ikiyasui_taimenzai.jpg
 
 膣イキ(中イキ)するための『対面座位』の長所と短所を見てみましょう。
 
★対面座位の長所
 ●女性が自由に膣内の男性器の位置を調節できて、自由に腰を動かす事が出来る。
 ●クリトリスや膣口付近が男性器の股間と密着するので快感が得やすい。
 ●男性と女性の上半身の距離で挿入角度を調整できる。
 ●女性は男性の表情を確認できるので安心感がある。
 
★対面座位の短所
 ●男性は腰を自由に動かす事が出来ないため、女性の動きが充分に出来ていないと膣イキは難しい。
 ●男性に顔を見られることで羞恥心などから快感に集中できない女性がいる。
  
 対面座位の最大の利点は、「騎乗位」と同様に、●女性が自由に膣内の男性器の位置を調節できて、自由に腰を動かせる点です。
 
 ピストン運動の様に、女性が腰を上下させる動きも良いですが、
 「騎乗位」の記事で解説しているのと同様に腰を前後に振るのをオススメします。
  【↓動きの解説の動画(動画は騎乗位ですが動き方は同じです)】
  1、動画が表示されない場合はYoutubeへhttp://youtu.be/_VM8yjP89Ls
  
  2、動画が表示されない場合はYoutubeへhttp://youtu.be/xTyRSOHuNOg
  

 
 女性が腰を前後する動きは、対面座位の長所にある様に●クリトリスや膣口付近が男性器の股間と密着するので快感が得やすくなります。
 
 他の記事でも書いていますが、
 膣内、特に膣奥や子宮口は、本来、ほとんど無感覚な部位です(神経が無いという事ではありません)。
 ですから快感は得られない「はず」なのです。
 
 しかし、その無感覚な膣奥で快感を得て膣イキするには、
 膣奥の摩擦や振動を全身のどこかで受けて、あるいは神経系が脳に伝えて、それを女性の脳が「これは快感なんだ」として処理してくれなければなりません。
 他にも、膣からの振動が間接的にクリトリスに伝わって、「これは膣内からの快感だ」として脳が処理してくれなければなりません。
 そして、自分では制御する事のできない神経系が、膣イキ特有の絶頂感を起こしていきます。
 膣内で起こる快感のほとんどは脳が作っています。
 膣内の快感は脳が作り出し、膣イキは迷走神経などの神経が条件反射のように起こし、脳がそのイキ具合を味付けしている現象なのです。
 
 この様な事からも、対面座位の動き合わせてクリトリスや膣口付近から快感を得ることは重要なことです。
 
 対面座位は、男性が動くのではなく、女性が動くことを基本にするのが良いと思います。
 男性が動く場合、男女が一緒に動く場合については、この記事の後半で書いています。
 
 女性が動くのと同じように、
 男性が女性の腰などをつかんで動きを補助する時も、
 前後、あるいは、左右に揺らすようにすると良いでしょう。
 
 ●男性と女性の上半身の距離で挿入角度を調整できる。のも対面座位の長所です。
 男女が、抱き合えば密着し、互い上半身を離すなどすることで、挿入角度が変わり、
 女性がより快感を得やすい角度、動きやすい体勢を見つけることができます。
 
 脚を伸ばして座る。あぐらをかく様に座る。など、
 男性が座り方を変える事でも挿入角度が変わり、女性の動きやすさも変わります。
 
 対面座位は●女性は男性の表情を確認できるので安心感があったり、抱き合えたりするので、喜ぶ女性も多いですが、
 この長所は、●男性に顔を見られることで羞恥心などから快感に集中できない女性にとっては短所になります。
 
 
 ◆対面座位のバリエーション
 
  manzokunosusume_ikiyasui_isude_taimenzai.jpg
 
 椅子に座りながらの対面座位も効果的です。
 ベッドや床に座った対面座位よりも椅子の方がイキやすいという女性もいます。
 
 椅子のタイプや大きさによってやり方も変わって来ますが、
 背もたれがあって、座面が広いソファのような椅子が良いとでしょう。
 
 男性は、背もたれに背中当てながら、なるべく浅く座ると、女性が挿入しやすく、動きやすいはずです。
 
 
 その他のバリエーションとして、
 男性の方が動く場合、または、男女が一緒に動く場合には、
 男性は脚を曲げて、両足の裏(かかと)を女性の尻の下に置いて、
 足の裏で女性の尻を支えながら、
 足の裏と女性の尻を支点に、自分の腰を前後に動かすことも出来ます。
 
 この場合、自由な動きは難しいですが、前後に動かす腰の動きは、女性が腰を前後に動かすのと同じ様な効果になるはずです。

 
 ◆対面座位をしながら男性が出来る事
 
 対面座位で女性が動いている間、男性の上半身は空いているので、
 女性の乳房や身体を触ったり、舐めたりということが出来ます。
 
 しかし、女性の動きのジャマにならないように行いましょう。
 
 次の章では、『松葉くずし』と『背面側位(横臥位)』の体位のやり方と膣イキしやすい理由についてを解説していきます。
 記事へ⇒『膣イキしやすい体位・『松葉くずし』『背面側位(横臥位)』について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説』
 
 【関連記事】
 ⇒『女性の騎乗位での動きについて - 騎乗位の利点、動き方』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。