【女性向け解説】セックスレスの原因と解決法 - 女性の悩み

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒女性のセックスの悩みQ&A >  【女性向け解説】セックスレスの原因と解決法 - 女性の悩み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【女性向け解説】セックスレスの原因と解決法 - 女性の悩み

 決まったセックスのパートナーがいるのに、1ヵ月以上、セックスがない状態、
 パートナーとキスや抱き合う(ハグ)などもない状態を『セックスレス』と言います。
 

 ◆セックスレスの原因
 
 セックスレスの原因にはいくつかのパターンがあります。
 
●パートナーを男として見れなくなってセックスレス
 男女の関係性の変化でセックスレスになるパターンです。
 
 〇夫やカレシに対して愛情はあるけれどもセックスをする相手として見ることが出来なくなって、セックスをしようと誘われても断ってしまい、やがてセックスレスになるパターンです。
 
  このパターンは、男女の交際期間(夫婦の期間)が長く、「いつのまにかセックスレスになっていた」という場合が多いのも特徴です。
 
●出産後にセックスレス
 女性が出産をしたのをきっかけにセックスレスになるパターンです。 
 
 〇子供が出来たことで、「夫」から「子供のお父さん」「子供のパパ」という存在に変わったことで、セックスする相手として見れなくなってしまいセックスレスになるパターン。
 
 〇女性が子育てに忙しくて疲れてしまい、少しでも時間がある時にはゆっくり寝たいから、セックスをしようと誘われても断ってしまい、やがてセックスレスになるパターン。

 〇出産後には、母乳を作り出すプロラクチンというホルモンが多く分泌されるようになり、このプロラクチンは性欲を減退させる効果があるので、セックスをする気が失せてしまう。
  夫に誘われても、その気が起きないので断ってしまい、やがてセックスレスになるパターン。
 
●女性が拒否して起こるセックスレス
 女性の拒否がきっかけになるパターンです。
 
 〇仕事に疲れていて、セックスをする体力も気力もなく、誘われても断っていたらセックスレスになるパターン。
 
 〇夫やカレシの浮気や風俗がバレたのをきっかけにセックスレスになるパターン。
 
 〇もともと、もともと女性の性欲が少ない、あるいはセックスが嫌いで、セックスをしたがらないのでセックスレスになるパターン。

 〇性欲はあるけれども、夫やカレシとのセックスには飽きてしまってする気がなくなりセックスレスになるパターン。
 
 〇夫やカレシとのセックスの内容が嫌でセックスレスになるパターン。
  
●男性が拒否して起こるセックスレス
 男性の拒否がきっかけになるパターンです。
 
 〇仕事に疲れていて、セックスをする体力も気力もなく、するのを拒んでいたらセックスレスになるパターン。
 
 〇妻やカノジョに愛情はあるけれどもセックスする相手と見ることが出来なくなってしまいやがてセックスレスになるパターン。
 
 〇妻の出産を契機に、夫は、「妻」が「子供のお母さん」「ママ」に変わってしまい、セックスする相手として見れなくなってしまいセックスレスになるパターン。
 
 〇女性の出産をきっかけとするホルモンの「プロラクチン」は男性にも分泌されます。
  「浮気防止のホルモン」とも言われるプロラクチンは男性の性欲も減らします。
  男性にも分泌されるのは、性欲よりも子育てに意識を向かせるようにするためだと考えられます。
  ですがそのため、夫からも性欲が減り、夫も妻とセックスをする気がなくなってしまいセックスレスになるパターンがあります。
 さらに、性機能に関わる男性ホルモン「テストステロン」。
 出産後にテストステロン値が下がる父親は子煩悩になる傾向があります。
 逆に分泌が多いと子供に関心が薄くなる傾向があります。 
 テストステロンの分泌が少ないと子煩悩な父親なのですが、性機能も悪くなりがちになるのでこれが夫婦の産後セックスレスの原因になることがあります。
 
 〇妻の浮気や交友関係をきっかけにセックスレスになるパターン。
 
 〇もともと男性に性欲が少ない、あるいはセックスが嫌いで、セックスをしたがらないのでセックスレスになるパターン。

 〇性欲はあるけれども、妻やカノジョとのセックスには飽きてしまってする気がなくなりセックスレスになるパターン。
  
 〇妻やカノジョとのセックスの内容が嫌でセックスレスになるパターン。
 
 
 ◆セックスレスの解決法
 
 セックスレスの解決法は一通りではありません。
 
 ●またセックスできるセックスレスなのか、そうでないのか見きわめる。
 まず、自分のパートナーとのセックスレスが、またセックスするのが可能なのか考えましょう。
 
 上記したセックスレスの原因から、セックスレスは、
 
 【1】お互いにセックスしたい気持ちはあるが、出来ないでいる状態のセックスレス。
 【2】相手が、やれないこともないが、やらないようにしている状態のセックスレス。
 【3】相手が、絶対にセックスをやりたくない状態のセックスレス。

 
 という三つの状態におおむね分けられます。
 
 【1】、【2】は、
 男女とも改善に前向き、あるいは改善の可能性がありますが、
 【3】は、その男女の人間関係をまず改善しなければならないか、セックスはあきらめなければならない状態です。
 
 セックスレスの状態になった場合。
 そうなった原因を考え、「これは深刻なセックスレスだ」と感じられたら、
 パートナーと「これは努力すれば改善されるのか」「一緒に努力して改善してくれる気持ちはあるのか」を話し合い、パートナーの意思を確認しておくこと必要になります。
 
 『自分だけの正しいセックスの追求』という記事でも書いていますが、セックスの悩みの中には「前向きなあきらめ」をすることで改善されることがあります。

 あきらめるということも悩みを改善する一つの答えでありますし、
 
 冒頭に書いた『セックスレスの定義』に、セックスだけでなく、
 1ヵ月以上、パートナーとキスや抱き合う(ハグ)などもない状態をセックスレスと言うと書いていますが、
 セックスは出来なくても、キスだけでもする。ハグだけでもする。そうすることで心が癒されるという人もいます。
 出来るだけのことで満足してみるという「前向きなあきらめ」も改善の一つです。
 
 ●時と場所を選ばないでセックスする
 
 上記した【1】お互いにセックスしたい気持ちはあるが、出来ないでいる状態のセックスレスであるならば、
 セックスをするタイミングを選んでいてはいけません。
 
 「夜にならないと気分が乗らない」とか、「寝室でないと出来ない」とか、「ラブホテルなんて汚い気がする」とか、
 この様に、セックスする時間と場所を限定していると出来なくなります。
 
 公共施設や屋外でやりなさいとは言いませんが、
 やろうと思ったら、朝だろうと昼だろうと、居間だろうと玄関だろうと風呂場だろうと、すぐにはじめましょうということです。
 
 ●スキンシップを増やす
 上記した【2】相手が、やれないこともないが、やらないようにしている状態のセックスレスであるならば、
 相手の男性に対してスキンシップを増やしていきましょう。
 
 自分を、男性の性的な対象だと再認識させるのが目的です。
 
 男性の着替えを手伝う。出かける男性の背中に手を添える。
 テレビを見ながら男性の手の上に手を乗せる、手を握る。
 男性にマッサージをする。
 男性と一緒に風呂に入る。男性の身体を洗う。男性の頭を洗う。
 
 特に、身体を洗うや頭を洗うのは、男性に気持ち良さを与えるので、性的な意識を持たせるのに有効です。
 
 スキンシップをすると「急になんだよ。気持ち悪い」と男性から言われそうであれば、
 段階的にスキンシップの密度を増やしてください。
 
 ただ、スキンシップを最初は拒否されようともあきらめずに続けていくことも必要です。
 
 ●自己開発をしてみる
 セックスレスの原因が、自分のセックスの内容にある場合には自己開発で改善される事もあります。
 
 セックスをしたがらない男性の不満のもとが、
 「不感症だからする気が起きない」「イカないからする気が起きない」という様な女性の問題であるなら、
 オナニーをするなどの女性の自己開発によって問題が改善される場合があります。
 
 このような原因の場合、このブログの記事を参考に自己開発してください。
 
 ●脅してみる
 決してオススメしませんが、
 またセックス出来るようになるためなら手段を選ばない人なら、
 「このままセックスしないなら離婚する」という様な脅しをしてみるという手段もあります。
 
 私(筆者)の知るある夫婦(30代、子供二人)は、
 夫が妻に『このままセックスレスになるなら離婚する。子供の親権は俺がもらう』とメールで脅して、
 その後はセックスするようになった事例があります。
 
 とはいえ、決して良い方法だとは言えませんし、
 脅した結果で、関係が悪化したり、離婚する事になる場合もあると思います。
 
 ●医療機関やカウンセリングに相談してみる
 男性に改善の意思があるのに、男性器が勃起しないなどの肉体的な問題がある場合は医師に相談してみましょう。
 
 男性と一緒にカウンセリングを受けることで、
 セックスレスになっている問題点を互いに認識する事が出来て改善できる場合があります。 

 ◆まとめ
 セックスレスの解消に努力していると、
 「相手はやりたがっていないのに、自分ばかりやりたがって必死なのがみじめになる」と考える人もいますが、
 失わないためにやれるだけの事はやって、後に後悔しないようしましょう。

 (終)
 
 【関連記事】
 ⇒『自分だけの正しいセックスの追求』
 ⇒『たかがセックス、されどセックス』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。