「男性が喜ぶ名器の作り方」女性が名器になる方法 - 女性の「名器の条件」と「名器の秘密」

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒女性が名器になる方法 >  「男性が喜ぶ名器の作り方」女性が名器になる方法 - 女性の「名器の条件」と「名器の秘密」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「男性が喜ぶ名器の作り方」女性が名器になる方法 - 女性の「名器の条件」と「名器の秘密」

 女性の性器の中で、男性を特別に喜ばせる性器のことを「名器」と言ったりします。
 昔から、ミミズ千匹、カズノコ天井、タコツボ、俵締め、と言うように名器も種類がわけられて名称がついています。
 
 名器には、「トレーニングでなれる名器」があります。

 ◆女性の名器の正体

 どの様な状態が名器かといえば、例えば、
 膣内がうごめく様に動くとか、
 膣壁がザラザラ、イボイボしているとか、
 男性器を飲み込む込む様に動く、
 締まりが良い、
 この様な状態の女性器が名器だと言われます。
 
 婦人科の医師やセックスの研究者の多くは「女性に名器があるというのは男性側の妄想や思い込みだ」と解説します。
 私(筆者)も、ほとんどの場合はそうだろうと考えます。
 
 男性は自分に具合の良い女性器であれば、
 その女性器を「名器だ」と考えることは当たり前の様にあるのです。
 名器は、男性の性的興奮や性的満足感という錯覚が作り出している場合がほとんどです。 
 もしくは、女性を喜ばそうという男性からのお世辞か。 
 
 ですが、実際に、
 挿入された男性器を膣奥に飲み込むような動きをする性器を持つ女性はいますし、
 イボ状の突起が無数にある女性もいますし、
 自分の意思で膣内を動かせる女性もいますから、
 名器かどうかは別として「まれな女性器、珍しい女性器」というのは確かに存在します。
 
 さらには
 「充分な圧迫感があり、充分に愛液が出る膣」を名器だと感じる男性は良くいます。
 
 女性は充分に膣快感を得ていると、膣壁が充血し厚みを増します。
 この膣壁が厚みを増すことで男性は、膣口の締まりだけではなく、膣内全体で圧迫感を感じます。
 
 さらに、女性は膣壁に厚みを増しながら、愛液とも呼ばれる液体がにじみ出てきます。
 
 愛液が多くても膣の圧迫感がないと、男性はすべりが良いばかりで、膣内の抵抗感がなくなって快感が減ったり、挿入している感覚がなくなったりしますが、
 
 男性は膣壁の圧迫とともない、充分な愛液が男性器にからみついてくることで強い快感を得られため名器だと感じます。
 圧迫感と充分な愛液が名器になるには必要です。
 
 ◆女性が名器になるトレーニング
 
 上記した「まれな女性器、珍しい女性器」というのは、主に生まれついての体質によるものなので、それになることはほとんど無理ですが、
 
 「充分な圧迫感を感じる女性器」であればなる事が出来ます。
 
 上記にあるように、女性は充分に膣快感を得ていると、膣壁が充血し厚みを増すのですから、
 「膣快感が充分に得られるセックスをする」
 あるいは「膣快感が充分に得られる状態でいる」ことが出来れば良いのです。

 
 「膣快感が充分に得られる状態でいる」というのは、女性がオナニー等の自己開発によって、充分に膣快感を得られる身体と脳でいれば、セックスの時にも膣壁の厚みが増しやすいだろうと期待できると言う事です。
 
 さらに、膣括約筋など、骨盤底筋群を鍛える事によって、女性は意識的に膣(主に膣の入り口付近)を締める事が出来ます。
 いわゆる「締まりの良い膣」になるわけです。
 
 締め方のコツを覚えると、膣の入り口、膣口からやや奥という具合に何段階かに分けて締められるようになったり、
 締めつけた男性器を膣奥に向かって(飲み込む様に)引き上げたり、押し出したりという様な動きが出来る様になる女性もいます。
 
 膣の性感開発のオナニーの方法と骨盤底筋群を鍛える方法は、
 『女性の性的自己開発【4】』の記事に書いているので参考にしてください。
 
 骨盤底筋群を鍛える事で性感も増すので、それがまた膣壁を厚くさせる膣内快感につながる可能性があります。
 
 膣壁を充血で厚くさせるには、充分な血流が必要です。
 ですから、骨盤内の血流を良くしましょう。
  manzokuno_susume_kotsubanteikin2.jpg
 『濡れない女性が「濡れやすくなる方法」』の記事で、骨盤内の血行を促進させるトレーニングについて書いているので参考にしてください。
 
 骨盤内の血流を良くなれば、膣壁からの愛液の量が増えることも期待できます。
 
 ◆名器になれば快感が増える
 
 上記した名器になるための方法は、
 実は、その成果が出れば女性が膣快感をより多く得られるものばかりです。
 
 ですから、男性を喜ばせるはずの名器ですが、
 名器になれば女性の快感が増えるということです。
 
 (終)※この記事は、過去に掲載した記事をカテゴリを変えた再掲載です。
 
 【関連記事】
 ⇒『女性の性的自己開発【4】』
 ⇒『濡れない女性が「濡れやすくなる方法」』  
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2013/12/21 09:00 ] ⇒女性が名器になる方法 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。