男性を喜ばせるフェラチオのやり方 - 男性の快感が違う「皮膚をすべらせるフェラチオ」、「口をすべらせるフェラチオ」

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆男性を虜にしたい女性に◆◆  >  ⇒男性を喜ばせるフェラチオのやり方 >  男性を喜ばせるフェラチオのやり方 - 男性の快感が違う「皮膚をすべらせるフェラチオ」、「口をすべらせるフェラチオ」

男性を喜ばせるフェラチオのやり方 - 男性の快感が違う「皮膚をすべらせるフェラチオ」、「口をすべらせるフェラチオ」

 ◆皮膚をすべらせるフェラチオ、口をすべらせるフェラチオの違い
 
 フェラチオは女性が男性器を口に入れて、頭を前後に動かすことで、男性器を口から抜き挿しするのが基本になります。
 
 この基本も、やり方しだいで男性の快感は違ったものになっていきます。

 男性器について簡単に説明すると、
 勃起している男性器は、スポンジの様な「海綿体」が充血することで硬くなり、硬くなって棒の様になった海綿体を「皮膚」が覆っています。
 
 フェラチオで男性器をくわえた時、唇は男性器の皮膚に当たります。
 唇で皮膚を軽く押さえながら、頭を前後すると、唇に当たっている皮膚は海綿体の表面をすべって移動します。
 
 自分の腕を指で押さえて指を移動させると、皮膚が筋肉の上をすべって移動するのがわかると思いますが、
 それと同じことが、男性器の皮膚でも起こっています。
 
  manzokunosusume_feratio_hifu.jpg
 【↓解説の動画】(観ることが出来ない場合はコチラ⇒http://youtu.be/k1ELMc2Emsw)

 
 この様に「皮膚をすべらせるくわえ方」もあれば、
 「口をすべらせるくわえ方」もあります。

 
 「口をすべらせるくわえ方」とは、
 男性器の竿の部分の中央あたりを指2本(親指、人差し指)か3本(親指、人差し指、中指)でつかんだら、
 皮膚を竿の根本の方に皮膚を寄せます。
 すると、竿全体のたるんでいる皮膚がピンと張られた状態になるはずです。
 
 竿の部分に、どれくらいの皮膚がたるんで存在しているかによって、竿の中央のつかむ位置は変わってきます。
 包茎(仮性包茎、真性包茎)の男性は、皮膚のたるみが多いので、亀頭の近くからつかんで根元に寄せなければならないかもしれません。
 
 指でつかんで竿の根本に皮膚を寄せたまま、そのピンと皮膚が張った男性器をくわえて、頭を前後させると、
 皮膚の移動は少なくなり、
 皮膚の表面を唇がすべるようになります。
 
  manzokunosusume_feratio_kuti.jpg
 【↓解説の動画】(観ることが出来ない場合はコチラ⇒http://youtu.be/xqlN__6blpk)


 男性器をくわえられて、
 「皮膚をすべらせる」と「口をすべらせる」とでは、男性の快感は違います。
 
 どちらがより気持ち良いかはその男性の好みになりますが、
 どちらもやってみるとバリエーションになって良いでしょう。
 
 「口をすべらせる」には唾液が多く出ることが有効です。
 『男性がハマるフェラチオのために女性が覚えておくべきこと』の記事でも書いているように、ガムや飴などで唾液を出やすくしておきましょう。
 
 ◆唇と舌と頬で圧迫感を調整する
 
 口の中の男性器に対して圧迫感を与えます。
 きつめの圧迫感が欲しい男性もいれば、軽く触れている程度の強さを喜ぶ男性もいます。
 
 射精させるためには男性の好みの圧迫感にしなければなりませんが、
 快感を楽しませるだけならば、強いも軽いも、いろんな強さを試すと良いでしょう。
 
 圧迫する時には、
 上下の唇で押さえる。
 舌で押さえる。
 頬をすぼめる。
 という動作を組み合わせます。

 
 舌で押さえる時には、
 舌の表面全体で押さえるやり方もあれば、舌先だけで押さえるやり方もあります。
 
 また、頬をふくらませるように広げて、口の中を唾液でいっぱいにすると、
 液体の中を動くことで男性は違った快感を得ます。
  
 頬をすぼめて、口の中の男性器に頬の裏と舌を密着させ、吸い込むようにすると強い圧迫感になります。
 
 ◆空間を使って舌を動かす
 
 男性器をくわえて頭を前後して抜き挿しする動きの中で、
 抜く動きの時も、亀頭は完全に口から出さない様にしましょう。
 亀頭の先のギリギリまで口から出しても、唇の先は亀頭に触れておきます。
 
 抜く動きとまた入ってくる動きの間には、口の中に空間が出来ます。
 その空間を利用して、舌を動かして亀頭を刺激しましょう。
 
 抜き挿しの動きをしながら、口の中で亀頭を刺激するということです、
 
 舌で、タテにナメる動き、ヨコにナメる動き、円を描く動きで亀頭を刺激しましょう。
 主に刺激するのは、亀頭、カリ、尿道口、裏スジです。

 男性器の各部の名称については、この記事で⇒『男性器の名称を覚える』
 
 男性器が口の奥まで入って来て、
 男性器が舌の上に乗っている時も、舌を左右に動かせば刺激することが出来ます。
 
 これらの方法は、男性を喜ばせる基本『男性がハマるフェラチオのために女性が覚えておくべきこと』の記事にある事を前提に行ってください。
 
 次の章では、くわえながらの手の使い方(手コキ)ついて解説します。
 次の章へ⇒『口と一緒に手コキのやり方』

 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。