男性を喜ばせるフェラチオのやり方 - 口と一緒にする手コキのやり方

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆男性を虜にしたい女性に◆◆  >  ⇒男性を喜ばせるフェラチオのやり方 >  男性を喜ばせるフェラチオのやり方 - 口と一緒にする手コキのやり方

男性を喜ばせるフェラチオのやり方 - 口と一緒にする手コキのやり方

 前の章【「皮膚をすべらせるフェラチオ」、「口をすべらせるフェラチオ」】からの続きです。

 ◆口と一緒に手で男性器を刺激する(手コキ)のやり方
 
 男性器を口に入れながら、手も使って男性器を刺激するやり方を解説します。

 男性器を口に入れて、頭を前後して、男性器を抜き挿しながら、手で竿の部分をつかんでこする様に動かします。
 あるいは、亀頭の部分だけを口にくわえ、頭は動かすことなく、亀頭を舌で刺激しながら、手で竿をつかんでこする様に動かします。
 この男性器を手でつかんでこする様に動かすことを「手コキ」と言います。
 
 竿をつかむ時の指の本数は、男性器の長さによって変わりますが、
 5本の指でしっかりとつかむよりも、少ない本数(親指と人差し指、か、親指と人差し指と中指)でつかんだ方が気持ちが良い男性もいます。
manzokunosusume_fera_saote.jpg
 また、つかみ方も、
 竿に指を巻き付けて握る様にするのが気持ち良い男性もいれば、
 竿の表と裏だけを指先でつかむ方が気持ち良い男性もいますし、
 竿の側面を指先でつかむのが良い男性もいます。

 
 
 ◆頭の動きと手の動きを合わせる動きと合わせない動き 
 
 口の動きに合わせる手コキは、
 男性器をくわえて前後している頭の動きに合わせて手も同じように前後するのが基本になります。
 manzokunosusume_fe_tekoki_A.jpg
 【↓解説の動画】(観ることが出来ない場合はコチラ⇒http://youtu.be/ZY_cN1m3qAY)


 バリエーションとして、
 頭の動きと反対の動きの手コキをしてみましょう。
 頭が後ろに動き時、手は竿の根本に行き、頭が前に動く時、手は亀頭の方に動きます。
 manzokunosusume_fe_tekoki_B.jpg
 【↓解説の動画】(観ることが出来ない場合はコチラ⇒http://youtu.be/CYPjlnC74dI)

 
 この様な動きのバリエーションは、
 複雑な動きの方がより気持ち良さを感じるタイプの男性には特に効果的です。
 

 ◆空いている手の使い方  
 
 男性器の竿の部分をつかんでいる手と違う手も効果的に使いましょう。
 右手で竿をつかんでいるなら、空いているのは左手です。
 
 手コキをしている時、
 空いている手で陰嚢(タマ袋)を軽くつまみます。
 「軽くつまむ」というのが大事です。
 
 4本の指で袋を支えるようにして、親指で袋の中の睾丸をナデるようにしましょう。
 円を描く様に親指を動かし睾丸をナデます。
 次に、今度は親指で袋を支えて、4本の指で円を描くように動かして睾丸をナデます。
 袋の前面は親指でナデ、裏面は4本の指でナデます。
  manzokunosusume_fe_tamafure.jpg

 また、別なやり方として、
 5本の指先で、コチョコチョとくすぐるような指の動きで、陰嚢の表面をサワサワと触ってみましょう。
 
 
 ◆空いている手で竿の皮膚の張りを調整して「皮膚の表面を指がすべる手コキ」   

 空いている手の平で陰嚢を軽く持ち上げ、4本の指で陰嚢を支えるようにしながら、親指で竿の皮膚を根本の方に引き寄せてみましょう。
  manzokunosusume_fera_aitate.jpg
 
 親指で竿の皮膚を根本に引き寄せると、
 竿の皮膚はピンと張った状態になります。
  『「皮膚をすべらせるフェラチオ」、「口をすべらせるフェラチオ」』の記事でも書いたように、
 皮膚がピンと張った状態だと、竿をつかんでも皮膚が移動しないので、
 つかんでいる指は、竿の表面をすべらせる動きをすることになります。
 
 竿を「指でつかんで皮膚が動く手コキ」と、「皮膚の表面を指がすべる手コキ」では男性の快感は違います。
 
 くわえている口からの唾液が竿にたっぷりと付いていれば、
 指はなめらかに竿の表面をすべります。

 
 
 ◆ひねる動きで手コキしてみる  
 
 男性器をくわえて頭を前後しながら、
 あるいは、男性器をくわえて頭を動かすことなく舌で刺激しながら、
 
 ひねる動きをしながら竿をこすってみましょう。
 手コキの往復はそのままに、竿に巻き付くようなひねりを繰り返します。
  
 この時、
 竿の「皮膚が動くひねり」と「指が皮膚の表面すべるひねり」では快感が違います。
 唾液がたっぷりと付いていれば「皮膚の表面をすべるひねる」は効果が高いでしょう。
 
 動きがイメージできない時は解説の動画を観てください。
 【↓解説の動画】(観ることが出来ない場合はコチラ⇒http://youtu.be/1e76Ob3DPtc)

 
 
 ◆手コキを喜ぶ男性。嫌がる男性
 
 『フェラチオのために女性が覚えておくべきこと』でも書いているように、
 フェラチオに手も一緒に使われるのを嫌う男性もいます。
 
 この様な男性には口と一緒の手コキはしない方が良いです。
 
 ただ、男性の中には、
 快感を楽しんでいる間は手を使われたくないが、
 射精するためには手も使ってほしいという人もいます。
 また、逆に、
 快感を楽しんでいる間は手も使って良いが、
 射精するためには手の刺激が一緒にあるとイケないという男性もいます。
 
 この様に、男性の刺激に対する好みは単純ではなく。
 好みに合わせることが出来ないと、気持ち良さがイマイチだとか、いつまでたっても射精しないという様なことになります。
 
 男性の表情などから感じているか喜んでいるかを推測したり、
 「手と一緒にされるのは、どう?好き?」と質問してみましょう。
 
 手を使われるのが嫌いな男性でも、触り方をアレコレと調整してみると好きになるかもしれません。
 
 口と一緒に手コキも使える方が女性にとっては楽です。
 口だけを動かし続けるのは、なかなかの重労働なので、手コキがOKの男性には手の刺激もうまく使いましょう。
 
 これらの方法は、男性を喜ばせる基本『男性がハマるフェラチオのために女性が覚えておくべきこと』の記事にある事を前提に行ってください。
 
 次の章では、『口の中の舌の動かし方』を解説します。
 次の章へ⇒【男性を感じさせる口の中の舌の動かし方】
  
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。