【4】ある女性の性交痛の克服 - ホルモン(プロラクチン)と精神状態がセックスに影響する

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆【経験談】不感症の改善や性交痛の改善などの事例集◆◆  >  ⇒ワギニスムス(膣痙攣)の事例 >  【4】ある女性の性交痛の克服 - ホルモン(プロラクチン)と精神状態がセックスに影響する

【4】ある女性の性交痛の克服 - ホルモン(プロラクチン)と精神状態がセックスに影響する

 【3】からの続きです。
 
 ベッドに横になるSさんは、イキ過ぎた後の女性の様に、乳首や身体を少し触るだけでビクつきます。「やめて~(笑)」と懇願します。
 寝そうになるほど、まったりするSさんに、
「不感症だと思っていただろ?」と私は尋ねます。頷く彼女。
「もともとは感度は良い方だと思う。気持ち良くなう為の扉を開かない様に自分でクサリを巻きつけていた状態だっただけ。初体験の影響が原因だろうと思う」と私は良い、
「最後は普通に(男性器を膣に)出し入れ出来て、気持ち良くもなれてたわけだから、今日で初体験から10年分位を取り戻したということ。むしろプラス。セックスを楽しむのはこれから」と彼女に言いました。

 彼女と一緒に風呂に入ります。
 雪の様に白い肌の彼女。
 彼女は自分の乳首が小さすぎると思っていてそれがコンプレックスだと言っていましたが、普通の大きさの乳首で乳房も含め、とても形の良いものでした。
 膣の事も含め、彼女は性的なことにたくさんコンプレックスがあったのだろうと思います。
 
 風呂から出た後もまたベッドに横になる彼女。
 ホテルの利用時間を30分延長。
 ようやく身支度を整えてホテルを出ます。
 
 足がガクガクして歩きにくいという彼女を駅まで送って行きます。
 その途中、ベンチに座り、夕飯の代わりに買ったパンを二人で分けて食べながら、互いの両親家族の話を少ししました。
  
 駅に到着、互いに乗る電車が違うので握手をして別れました。
 同郷だからではありませんが、私は彼女にとても親しみを感じました。
 
 別れ際、私はSさんに「自信を持って」と言いました。
 彼女は自分で自分の限界を作りやすい人の様に見えました。
 傷つくのが嫌だから、自分から男性に告白したりはしないんだと、彼女は言っていましたが、私に助けを求めることで彼女はコンプレックスを解消したように思います。
 素直に求めて行動すれば幸せが得られる、そういう女性なんだと私は思ったのでした。
 
 
 その後、彼女からメールをもらいました。
 そのうちの2通を紹介して終わりにします。
 
『今日はありがとうございました。
とても貴重な体験をさせて頂きました。
最後はちょっと訳がわからなくなってましたが(笑)、これから開発していけたらいいなと思います
またその後を報告させて頂きますね。
(もしかしたらまたむらさんに頼ってしまうかも…)
あと、経験豊富なむらさんに身体のことなど誉めてもらえて嬉しかったです!
 
ありがとうございました☆』

 
『本当に同郷とはビックリでした!!(笑)
でもそのおかげか?とても親しみを感じることができました
もっと堅い感じの方かと思っていたので…
 
むらさんに『また会おう』と言ってもらえないのはちょっと残念ですが(笑)、女性として心も身体も自信が持てるように努力したいと思います
 
ではおやすみなさい☆
ぐっすり眠れそうです

 
 その後、彼女は旦那とも痛みなくセックスが出来るようになり、念願の子供を授かろうとガンバっています。
 Sさんのすべての悩みが消えたとは言いませんが、
 ずっと悩ませていた「身体」と「心」の痛みにサヨナラしたと思うのです。
 サヨナラをする手伝いをした私は、ずっと彼女の味方のつもりです。
 
 
【追記として後日談】
 
 この記事を書いた数ヵ月後。

 病院の検査で血中のプロラクチンの濃度が高いことが判明した彼女は、プロラクチンの濃度を下げる治療も行い。
 Sさんは妊娠をし、
 そして、その子を無事に産みました。
 とてもとてもカワイイ女の子です。
 
 
 (終)
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2011/06/12 20:00 ] ⇒ワギニスムス(膣痙攣)の事例 | TB(-) | CM(-)
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。