「膣イキ(中イキ)が本物のオーガズム。クリイキしか知らない女性は不幸」という話はウソです

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒女性のセックスの悩みQ&A >  「膣イキ(中イキ)が本物のオーガズム。クリイキしか知らない女性は不幸」という話はウソです

「膣イキ(中イキ)が本物のオーガズム。クリイキしか知らない女性は不幸」という話はウソです

 「膣イキ(中イキ)が本物のオーガズム。クリイキ(クリトリスの刺激でイクこと)しか知らない女性は不幸」という話が広まっていて、これを読んだ女性から『自分が欠陥品に感じる』と言う女性からメッセージを良くいただきます。
 
 この「膣イキ(中イキ)が本物のオーガズム」という話はウソです。

 セックスであれオナニーであれ、俗にイクと呼ばれるオーガズムは脳で起こって、その反応が女性なら筋肉の緊張などに、男性なら射精に表れます。
 
 実は、オーガズムが起こっている時の脳がどのように活動しているかの研究は、あまり多く行われていません。
 そのいくつかの研究によってわかっていることは。
 
 女性も男性も、イク時に脳の腹側被蓋野(VTA)という部位とA10神経からドーパミンが放出された領域の活動が活発になります。
 この活動に男女の差はほとんどありません。
 
 この活動に差がほとんど無いことから、「男のオーガズムも女のオーガズムも快感に違いはない」という理屈を言う人がいますが、
 
 しかし、男性と女性のオーガズムでハッキリと違いが出るのは、男性の場合は「中脳水道周囲灰白質(PAG)」という部位が活発になるということです。
 この「中脳水道周囲灰白質(PAG)」は苦痛をともなう刺激に対して活発になる部位で、エンドルフィンが放出される部位でもあります。
 男性だけがナゼにこの部位が活発になるのかは、まだわかっていません。
 
 女性のオーガズムですが、
 上記で説明したことから、クリイキであれ膣イキであれ、オーガズムが起こる場所は脳の中では同じということです。

 どんなオーガズムも同じ場所で起こることから「クリイキは実在するが、膣イキ(中イキ)というのは本当は存在しない」と言う人もいますが、  

 起こる場所は同じだが、
 快感がどこからどの様に来たかによって、
 クリイキの場合は筋肉の緊張が激しい反応が出て、それに比べると膣イキの場合は筋肉の反応は緩やかという様な、
 脳が味付けするように身体の反応の出かたがいろいろと違うので絶頂感に違いが出ます。

 さらに、イッている時は脳の左腹内側皮質と眼窩前頭皮質の活動が低下します。
 これによりイッている間は、論理的な思考を行いにくくなったり、自分を制御できなくなったりします。
 これを解かりやすい様に、ものすごく噛み砕いて言えば、イッている時は「アホになっている」ということです。
 ナゼにアホの状態になってしまうかはハッキリとわかっていませんが、自己制御の出来ないアホの状態になることでより多くの快感を得られるようにしているという推測も出来ます。
 このアホになる状態も、どの様に身体に反応が出るかによって違いが出ると思われますから、それによりイッている間に考えることに違いが表れ、これも絶頂感の違いとして感じられる要素でしょう。
 
 男性でも、肛門奥の前立腺の刺激でイケる人だと射精をしないオーガズムを得る人もいますが、
 その様な男性だと射精するオーガズムと射精しないオーガズム(ドライ・オーガズム)では、脳の中のオーガズムが起こる場所は同じでも、身体の反応が違うので絶頂感に違いがあります。
 
 「膣イキ(中イキ)が本物のオーガズム」という話は、有名な元AV男優もセックスのハウツー本で書いているので困ったものなのですが、
 
 この様に、クリイキも膣イキも、脳の中のオーガズムが起こる場所は同じなのですから、
 どちらが本物と言うことは無いのです。
 
 さらに、どちらも本物のオーガズム、どちらも本当にイッているということなのですから、
 膣イキを経験できないと不幸ということもないのです。
 
 『オーガズム障害について』の記事でも書いていますが、
 クリトリスでイクことができればオーガズム障害ではありません。
 
 【関連記事】
 ⇒『オーガズム障害について - イケないという悩み。どうすればイケるのか。』
 
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。