クリイキの絶頂感が弱い女性が絶頂感を強くする練習法

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒クリイキを強くする練習法 >  クリイキの絶頂感が弱い女性が絶頂感を強くする練習法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クリイキの絶頂感が弱い女性が絶頂感を強くする練習法

 ◆クリイキの身体の反応と絶頂感が弱い女性
 
 「イクって、どんな感じだろう? 私はイケているのかな?」と悩む女性がいますが、
 クリトリスへの刺激でイッていれば、意識の変化、身体の反応で問答無用でイケていることを実感できるものです。
 クリイキが出来ているか良く分からないというのは、まだイケていないと考えて良いでしょう。
 
 しかし、一部の女性にはクリトリスの絶頂感が弱い女性がいます。
 その様な女性の絶頂感を強くする練習法について解説します。

 クリトリスの刺激でイケる女性であれば、イク瞬間の激しい意識と身体に力が入ることを知っていると思います。
 しかし、一部の女性は、クリイキ(クリトリスでイクこと)の時に、
 少しの意識の変化と「ピクン」と身体が少しだけ痙攣して反応が終わる人がいます。
 
 このイキかたが間違っているとか悪いというわけではありません。
 これがその女性のクリイキなのですから良い悪いは無いのです。
 
 ただ、この様な弱い反応だと、もっと激しい反応を求める男性が「イケてないんじゃないか?」とか「ツマラナイ」と不満を持ったり、
 女性自身も他の女性と比べて劣等感を感じたり、もっと快感を得たいと思ってもうまくいかない場合があります。
 
 ◆クリイキを強くする練習法
 
 絶頂感を強くするには、女子絵の自己開発法の一連の記事でも書いていますが、
 まずは、
●性的な興奮を高めることです。
 さらに、
●イク瞬間、または、イキはじめた時に、脚、尻、腹筋に力をいれましょう。
 この2つは基本です。
 
 さらには、クリイキの弱い女性は、
●イクことから逃げないでください。
 クリイキの弱い女性の中には、イクことから逃げたり、イッている自分を押さえこもうとする人がいます。
 そうしないでイクことに全力になってください。
 
 
 そして、オナニーによる練習法その1として、
●イキそうになってもイカないようにしましょう。
 
 クリトリスを刺激していればやがてイキそうになりますが、そこでガマンしてイかないでください。
 ガマンする時も、クリトリスへの刺激を弱めてはいけません。
 イキそうな状態のままイクのをガマンします。
 
 それを数回繰り返してください。
 なんどもイクのをガマンしてください。
 
 何回までガマンすれば良いかは個人差ですが、基本的には限界までガマンして、
 そうしてからイッてください。
 
 イク時には、「思いっきりイキたい」という感情でイクのを味わってください。
 強い絶頂感が来るはずです。
 
 練習法その2
●電気振動の道具を使ってみる

 私(筆者)は、女性がセックスのために自己開発する時にはローターや電マなどの電気振動する道具を使うのを原則的にはおススメしていないのですが、
 
 クリイキの弱い女性で、普段、指でクリトリスを刺激している女性の中には、電気振動する道具によって強い絶頂を得られる人がいます。
 
 クリイキが弱い女性の中には、イク瞬間に刺激を弱くしたり、イク瞬間に体勢を変えたり、イク瞬間にわざと余計なことを考える人がいて、絶頂感から必死に逃げようと考えたり、
 それらが絶頂感を弱くしている場合があります。
 
 電気振動の道具の「自分では制御できない刺激」が、イクことから逃げさせないことで絶頂感を強くする場合があります。
 

 
 ◆練習法の注意点
 
 「イキそうになってもイカないようする練習法」は、イカないを繰り返していると、どこかでイケなくなることがあります。
 一度そうなると、どんなに触っても、イケなくなる状態が数時間続いたり、一晩寝ないと元に戻らなかったりします。
 
 そうならない様に自分の限界の見極めが必要です。
 とはいえ、見極めが甘いと絶頂感は強まりません。
 
 「電気振動の道具を使ってみる練習法」は
 イケるようになるための第一歩として道具を使うのも仕方がないかもしれませんが、
 「セックスのため」という目標があるのならば、最終的には指の刺激でも絶頂感を得られるようにするのをおススメします。
 
 オナニーしかしないという女性であれば、どんな電気振動の道具を使うのも良いと考えます。
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2014/04/12 18:00 ] ⇒クリイキを強くする練習法 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。