男性を喜ばせるフェラチオのやり方 - 男性を飽きさせない・男性の感度を鈍らせない刺激の方法

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆男性を虜にしたい女性に◆◆  >  ⇒男性を喜ばせるフェラチオのやり方 >  男性を喜ばせるフェラチオのやり方 - 男性を飽きさせない・男性の感度を鈍らせない刺激の方法

男性を喜ばせるフェラチオのやり方 - 男性を飽きさせない・男性の感度を鈍らせない刺激の方法

 前の章【空気を振動させるフェラチオのやり方】からの続きです。
 
 男性を飽きさせない・男性の感度を鈍らせない刺激の方法について解説します。

 ◆男性の感度を鈍らせない刺激
 
 『男性の「気持ち良い刺激」と「射精する刺激」の違い』の記事でも書いているように、
 男性にとって「気持ち良い刺激」と「射精できる刺激」は違います。
 
 敏感な男性や射精しやすい男性にとっては、この「気持ち良い刺激」と「射精できる刺激」の違いはほとんど無い場合もありますが、
 「このナメ方は気持ち良いけど、これではイケないな」というのが男性にはあるものです。
 
 射精は出来ない刺激だけれども気持ち良さを味わうというのはフェラチオの楽しみ方として当然あります。
 
 ところが、「気持ち良い刺激」も、同じ刺激をされ続けていると感覚が鈍くなってくることがあります。
 神経がたくさんあって快感を得るために存在しているような「亀頭」も、同じ刺激の繰り返しに対して感覚が鈍くなってくることがあります。
 
 「射精できそうな刺激」というのは、基本的にはイケるまで同じ刺激が繰り返されなければならないのですが、
 その男性にとってお好みの「射精できそうな刺激」でも、チョッとずれて刺激が繰り返されたりしていると感覚が鈍くなって射精できなくなってしまうことがあります。
 
 
 ◆男性を飽きさせない、男性の感度を鈍らせないための刺激
 
 男性器を、一度、口の中にくわえたら射精するまで口から出してほしくない男性もいるのですが、
 なかなか射精しない男性や、感度が鈍くなる前に、
 口から男性器を出して、男性器の表面をナメる刺激に切り替えると男性の感覚がリセットされる場合があります。
 
 また、
 フェラチオをやり始めて、
 男性器を口の中にくわえる前に、男性器の表面をナメる刺激をしてからくわえるのも効果的です。
 口の中にくわえると男性器に対する接触面はいきなり最大になりますが、
 いきなり最大にするのではなく、
 舌先だけの接触は、男性の集中を高めたり、ジラシの効果があったり、と男性の脳を働かせる効果が期待できます。
 
 また、
 男性器を口にくわえて頭を動かし続けるのは、体力的に苦しいですから、
 時々、男性器を口から出して刺激する方法の一つとして、
 男性器の表面をナメましょう。
 

 
 ◆舌先で刺激する。唇でつまむ、口にふくむ
 
●男性器に対して、トウモロコシを食べる時の様に、
 竿の側面に女性の顔を位置し、
 口から舌を出し、
 竿の表面を、根本から先端に、先端から根本にと往復させながらナメていきます。
 舌の動きはを細かく上下左右に繰り返し動かします。
 manzokunosusume_sokumen_nam.jpg
 

●上記の方法は舌だけが竿に当たり、唇は離れていますが、
 バリエーションとして、唇を竿に押し当てながら根本⇔先端の往復をさせ、舌を細かく上下左右動かす方法もあります。
 
 これらは、
 舌は先をとがらせるようにするか、
 通常の柔らかさでするかによっても、男性の感覚は違ってきます。

 
 竿の左右の側面、裏表と、女性の顔の位置を変えて行います。
 
●亀頭を軽く指でつまみ、
 竿の裏を根本から先端に向かってナメ上げます。
 
 舌先は動かすことなく、アゴを下から上にあげる動きで、
 竿の裏を根本から先端まで舌を移動させます。
 manzokunosusume_ura_nameage.jpg
 
●このバリエーションとして、舌を細かく左右に動かしながら、
 アゴをしたら上にあげていきます。
 
 アゴの動きは、根本⇒先端、根本⇒先端のように一方通行の繰り返しでナメる動きと、
 根本⇔先端の往復をする動きを使い分けて、
 男性の反応を見ながらバリエーションを作りましょう。
 
  manzokunosusume_fera_sao.jpg
 
●上記の方法は舌先でナメる刺激ですが、
 竿の表面の皮膚を上唇と下唇でつまんで(挟んで)みましょう。
 竿の表面を位置を変えながら、唇で皮膚をつまみ、時には軽く吸ってみます。
 
  manzokunosusume_karikubi.jpg
 
●カリ首に対しても、凹みに舌を当て、舌先を移動させながら、舌先を細かく動かし刺激します。
 
  manzokunosusume_urasuji.jpg
 
●カリ首からの延長で、裏スジも舌先を細かく動かして刺激します。
 亀頭の裏にある裏スジは、亀頭と同様に、男性が敏感に快感を得られる部分です。
 
  manzokunosusume_nyoudou.jpg

●裏スジからの延長で、尿道口をナメます。尿道口に舌を挿し込むなどすることで快感を得られる男性は多いです。
 ただ、舌を挿し込むと痛みを感じる男性もいるので注意が必要です。

  manzokunosusume_fera_innou.jpg
 
●陰嚢(タマ袋)も刺激します。
 タマ袋の表面を、舌先を細かく上下左右に動かして刺激します。
 
 舌を押し当てるようにするのを好む男性もいれば、
 陰嚢(タマ袋)の表面に触れるか触れないかくらいで刺激されるのを好む男性もいます。
 
 陰嚢(タマ袋)は刺激に対して鈍感になりやすいので、
 同じ位置を刺激し続けないようにしましょう。

 じょじょにでも位置を変えながら刺激するということです。。
 
 陰嚢(タマ袋)にたくさん毛が生えている場合は、毛を指か舌でかき分けて、皮膚に直接、舌が当たるする方が良いです。
 
●陰嚢(タマ袋)は、睾丸が体内方向にせりあがるのに合わせて縮み上がる様に表面が硬くなることがあります。
 そうなる前の、ダラリと袋がたれ下っている状態であれば、袋を口の中に入れてみます。
 
 袋の中には、大豆の様な形状の二つの睾丸があります(病気などで睾丸の数が少ない男性もいる)。
 睾丸の大きさは人それぞれです。
 
 その睾丸を、一つずつ口の中にふくみます。
 口の中は唾液でたっぷりにして、
 口にふくんだまま、袋を軽くひっぱったり、口の中の睾丸に対して優しく舌を動かしたり、
 「ジュルジュルーーー」と空気を吸い込んで唾液を震わせて刺激します。
 
 どの刺激も「軽く」「優しく」というのが大事です。
 
 睾丸はもともと体内にあった器官なので、内臓と同じ様な物なのだと考えてください。
 内臓が身体の外に出ているわけですから、その内臓を荒く扱われると男性は苦しみと不快感を味わいます。
 ですから、「軽く」「優しく」が基本です。
 
 ごくまれに、乱暴に扱われることを喜ぶ男性がいますが、それは特殊な人です。
 
 陰嚢(タマ袋)を、女性の口の中に入れてもらうのを好まない男性、気持ち良くない男性もいますので、
 男性の好みに合わせましょう。
 さらに、やはり陰嚢(タマ袋)は鈍感になりやすいので、長時間、口の中にふくんでいても、男性はやがて何も感じなくなることがあります。
 
 
 ◆男性も脳で快感を作っているのだということを理解する
 
 「快感を得るための神経は亀頭にしかないのだから、竿の根本などを刺激しても意味がない」という解説をしているハウツーもありますが、
 男性も、女性と同じ様に目や耳で、見た聴いた情報から性的に興奮し、快感を大きくしたり、快感を作っています。
 
 「根本までくわえられるのが好き」とか「竿を舌先でチロチロとされるのがたまらない」というのも、
 快感というのは脳がいかようにでも作っているということなのです。
 ですから、脳が働いてくれなければ、神経のたくさんある亀頭への刺激でも快感になりません。
 
 男性を感じさせる、喜ばせるためには、男性の目と耳への情報も必要です。
 
 ですから、例えば、『フェラチオのために女性が覚えておくべきこと【2】』の記事にも書いているように、
 男性から見えるようにフェラチオを行うことも一つの方法です。
 
 男性の快感もムードやシチュエーションや性的興奮が大きく関わっているのです。

 その他、男性を喜ばせる基本は『男性がハマるフェラチオのために女性が覚えておくべきこと』の記事にある事を前提に行ってください。
 
 次の記事では『 「男性の中のMの要素を刺激してもっと感じさせるフェラチオの方法。Sな男性だと思っていてもMかもしれない』について解説します。
 次の記事へ『 「男性の中のMの要素を刺激してもっと感じさせる方法」。Sな男性だと思っていてもMかもしれない』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。