膣奥を「突く」のでは無く「押す」「引く」だけ - 性交痛を防ぎ、膣奥を性的開発するとは

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒挿入後の男性の動き方 >  膣奥を「突く」のでは無く「押す」「引く」だけ - 性交痛を防ぎ、膣奥を性的開発するとは

膣奥を「突く」のでは無く「押す」「引く」だけ - 性交痛を防ぎ、膣奥を性的開発するとは

◆痛み無く膣奥を性的に開発する動き方

 「膣イキできるようになるため」や「性交痛をなくすため」には、
 男性器を挿入した後の動かし方が大事な要素である場合が良くあります。
 性交痛がなく、さらに膣で快感を得られる動き方とはどのような動き方でしょう。

 自分の手の平の真ん中を、もう片方の手の指2本の先でグーッと押し込んでみてください。
 手の平が2本の指でどれくらい凹んだのか覚えておいてください。
 2本の指を手の平から離します。
 2本の指の先と手の平まで10センチほど間隔をあけます。
 そして、今度は先ほど手の平が凹んだくらいになるように、2本の指で手の平を突いてください。
 やってみると結構な衝撃があったはずです。
 手の平か指が痛いと思った人もいるでしょうね。
 
 セックスで、膣に挿入された男性器が膣奥を勢い良く突くというのは、今やった事と似たような事が連続して何度も起こっているということです。
 手の平は骨があるから痛いに決まっていると思った方は、太ももやワキの下で同じことをやってみると良いでしょう。
 
 『男性にガンガン突かれるのが嫌だ』と言う女性は良くいます。
 これなら女性が苦悶の声をあげるのも無理はありません。
 男性の中にはその苦悶の顔と声を「感じているんだ」と勘違いする人もいます。
 
 膣奥を突かれると『痛いだけ』という女性は多いですが、
 『膣奥を激しく突かれるのが好き』とか『奥が気持ち良い』『奥でイクのが一番良い』『奥でカレを感じられるから良い』と言う女性も多くいます。
 この差は、どこから来るのでしょう。
 
 『膣奥が痛い』のは、男性器で突かれるせいばかりでは無く、
 性交痛を起こす何かしらの原因が隠れていることもあるので、それを改善しなければ痛みが消えない場合もありますが、(性交痛については別の記事で『性交痛の原因と対策』
 セックスの経験を重ねるだけで、しだいに膣奥で大きな快感を得られるようになる女性もいます。
 
 セックスに対する緊張などの心理的な要因が痛みを作っている場合もありますし、
 ガンガンと突かれているという恐怖(緊張)が膣内(膣をとりまく筋肉)を硬くして、それが突かれた時の痛みをさらに大きくしている場合もあります。

 そんな膣は、本来、入り口から3分の1ほどしか感覚が無いはずなのです。
 奥には快感が無いはずなのですね。
 でも実際はそうではありません。
 膣奥で快感を得ている女性はたくさんいます。
 セックスは身体ばかりでしているわけではありません。
 脳で感じているのです。
 あらゆる性感帯がそうですが、膣奥の刺激を快感として得られるようになるには性的な開発がいるのです。

 ですから、
 膣奥で感じられる女性と言うのは、
 恐怖心や痛みを起こす様な心理的な壁が無く、
 膣の柔軟性が高められていて、
 膣奥で起こる刺激や揺れを快感だと受けとめられる段階まで性的な開発が進んでいるということです

 
 開発とは、膣奥への刺激に対する脳と身体の反応を変えていくということです。

 次の章では、
 『膣奥を性的開発する方法』、『痛み無く、膣奥で感じられるようにする方法』を紹介ます。
 膣奥で起こる刺激や揺れを快感だと受けとめられる段階まで性的に開発する方法です。

 次の章へ⇒【膣奥の刺激を快感に変える動き方】
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2011/06/13 00:30 ] ⇒挿入後の男性の動き方 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。