膣イキしやすい体位・『松葉くずし(松葉崩し)』について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒膣イキしやすい体位について >  膣イキしやすい体位・『松葉くずし(松葉崩し)』について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

膣イキしやすい体位・『松葉くずし(松葉崩し)』について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

 前の章【対面座位の解説】からの続きです。
 
 ◆『松葉くずし(松葉崩し)』で膣イキ(中イキ)するための解説
 
 『松葉くずし(松葉崩し)』、男女の脚を交差させるように挿入する体位です。
 『松葉くずし』は、俗に「膣イキしやすい」と言われる体位です。

  manzokunosusume_matsuba_1.jpg
 
 しかし、『松葉くずし』は、
 すでに紹介した『屈曲位』『寝バック』『騎乗位』『対面座位』『伸長位(伸展位)』
 これらの体位よりも、女性が『松葉くずし』の体勢になることが難しかったり、やり方によってはむしろ膣イキしにくくなったりするのが『松葉くずし』です。
 
 ◆『松葉くずし』の長所と短所
 
 膣イキするための『松葉くずし』の長所と短所を見てみましょう。

★松葉くずしの長所
 ●男女の脚が交差することで、男女の股と股が密着しやすくなるので、挿入した男性器の先が膣奥まで届きやすく、
 膣奥を刺激しやすい。
 ●股と股とが密着することで、男性の脚や股がクリトリスや外性器を刺激する快感が膣内の快感を引き出しやすくなる
 ●『膣奥を「突く」のでは無く「押す」「引く」だけ』の記事にあるような、男女の骨盤と骨盤が離れにくい動きがやりやすい。
 
★松葉くずしの短所
 ●女性の片足が浮いたり、女性の身体の一部だけ側面を向いたりすることで、女性の体勢が不安定になりやすい。
 ●男性に密着したい女性にとっては、男性と距離がある事で、快感に集中しにくいことがある。
 ●女性の脚が開いていることで膣イキのためにリキみにくい。
 ●女性の身体が硬いとこの体勢になれない。
 ●足の交差により挿入が深くなることで、膣奥に痛みを感じる女性にとっては、さらに痛みが強くなることがある。
 
 膣イキのための松葉くずしの最大の利点は、男性器を深く挿入できるという事です。
 男性器の全長が短い男性でも、比較的に深く挿入できる体位です。
 

 
 ただ、本来、松葉くずしは、女性の片足を男性の肩に乗せたり、交差している女性の脚を男性の脚の上に乗せたり、浮いている女性の片脚を男性が手で支えたりするのですが、
 この本来の松葉くずしの体勢は女性の体勢がとても不安定になりやすいのが欠点です。
 さらには、身体の硬い女性だとこの体勢になる事さえ(体勢を維持することも)困難だったりします。
 
 不安定だと、女性は快感に集中しにくかったり、膣内の適切な位置の刺激を続けることが困難になります。
 さらには、女性の脚を男性の肩に乗せる様な、女性の脚が大きく開いている状態だと女性は膣を締めにくくなり、これが膣イキをしにくくさせます
 

 
 ◆女性を安定させる『変形の松葉くずし』をしてみる
 
 本来の松葉くずしは女性が不安定なので、↓解説のイラストにある様な、女性は片脚を伸ばし、片脚は自分の腹部の方に曲げる体勢、『変形の松葉くすし』をしてみましょう。
 ↓下のイラストの体勢の方が女性は体勢を安定できるはずです
  manzokunosusume_matsuba_1.jpg
  manzokunosusume_matsuba_2.jpg
 さらに、この変形の体位は、女性の左右の脚が交差(クロス)するので、それが膣圧をあげる効果を期待出来ます。
 
 しっかりと脚が曲げられる女性であれば、男性の脚と女性の脚のスペースが出来ますから、
 男性は手を挿しこみ、クリトリスを刺激しながら腰を動かしてみましょう。
 クリトリスの快感が膣快感を大きくし、それが膣イキを得やすくすることがあります。
 
 しかし、変形の松葉くずしも身体の硬い女性には困難かもしれません。
 さらには、片脚だけ曲がっているとイキにくいという女性もいるので、そういった女性には相性が悪い体勢です。
 
 松葉くずしは挿入が深くなりやすいので、膣奥を突く動きには充分に気をつけて、
 『膣イキに恥骨を起点とする動き』の記事にある様な、男女の骨盤が離れない腰の動きをすることで膣奥の性的開発が進み、膣イキしやすくなります。
 ↓イラストは正常位を想定していますが、男性の動きはそのままです。
 manzokuno_susume_sounyu_ugoki_03.jpg

 
 ◆膣奥の開発は期待できる松葉くずしのバリエーション
 
 『深い膣イキを得るための膣奥の開発』の記事で紹介している、
 女性は横向きに寝た姿勢、男性は仰向けに寝た姿勢で挿入する松葉くずしもしてみましょう。
  manzokunosusume_matsuba_3.jpg
  
 男性は自らの脚も伸ばしたまま(やや曲げるなり)、腰を前後に振ってください。
 前後と言っても、あお向けになっているので方向としては上下になります。
 腰を振るというよりは揺らす状態になると思います。
 
 次の章では、俗に膣イキしやすいと言われる『背面側位(横臥位)』について解説します。
 次の章へ⇒【『背面側位(横臥位)』について解説】
 
 【関連記事】
 ⇒『深い膣イキを得るための膣奥の開発』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。