膣イキしやすい体位・『背面側位(横臥位)』について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒膣イキしやすい体位について >  膣イキしやすい体位・『背面側位(横臥位)』について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

膣イキしやすい体位・『背面側位(横臥位)』について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

 前の章【松葉くずしの解説】からの続きです。
 
 ◆『背面側位(横臥位)』で膣イキ(中イキ)するための解説
 
 『背面側位(横臥位)』は、男女は身体の側面が床に接するように寝て、男性が女性の背後から挿入する体位です。
 『背面側位(横臥位)』は、一般的に「膣イキしやすい」と言われることがある体位です。

  manzokunosusume_sokui_1.jpg
 
 『背面側位(横臥位)』は、
 すでに紹介した『屈曲位』『寝バック』『騎乗位』『対面座位』『伸長位(伸展位)』
 これらの体位よりも、この体位をすること自体が難しかったり、やり方次第では逆に膣イキしにくくなったりするのが『背面側位(横臥位)』です。
 『背面側位』は、一般的に「膣イキしやすい」と言われることがある体位ですが、すでに紹介したどの体位よりも「体位と女性との相性による」という面が大きいので「膣イキしやすい」と言う評価は過大かもしれません。


 
 ◆『背面側位(横臥位)』の長所と短所

 膣イキするための『背面側位』の長所と短所を見てみましょう。

★背面側位(横臥位)の長所
 ●横向きに寝ていることで女性自身の体重によって膣圧が補われる。
 ●男性は大きな腰の動きが出来ないので、「ゆっくりな動きの方が良い」という女性にとっては好ましい。
 ●男性は大きな腰の動きが行いにくいので、「膣奥を突かれて痛い」という恐怖の軽減。
 ●男女の体勢の調整がうまくいけば男性器の深い挿入が可能。
 ●女性が妊婦の場合。「セックスの時には大きくなったお腹を見られたくない」というストレスの軽減が期待できる。男性側は大きくなった腹部を見ると性的興奮を鈍ると言う問題の軽減が期待できる。
 ●寝ている、大きな腰の動きが出来ないということで、腰痛がある人には腰への負担が少ない。
 
★背面側位(横臥位)の短所
 ●男女の体格差によっては、膣口と男性器の位置が極端に違ってしまい挿入が出来ない。
 ●男女の体勢の調整がうまくいかない、男女の性器の位置によっては、男性器の挿入が浅くなる。
 ●男性は自由な腰の動きがやりにくいので、膣イキに必要な適切な動きが出来ないこともある。
 ●男性の姿を見たい女性にとっては、男性の姿が終始見えないので不満や不安がある。そのため、快感に集中できなくなる場合もある。
 
 解説のイラストにあるような女性の寝かたは、産婦人科などで「シムス位」と呼ばれる体勢に近いものです。
 背面側位は、膣イキに向いているというよりは、
 「妊婦にとって楽な体勢」、「腰への負担の軽減の期待」、「激しいセックスにならないので高齢者に向いている」
 などの利点の方が先に考えられるかもしれません。
 
  manzokunosusume_sokui_2.jpg
 
 膣イキのために背面側位の大きな利点は、
 「男性の動きがゆっくりになる」、「女性の自重によって膣圧が補われる」ということです。
 
 「男性の動きが早くない方が快感に集中できてイキやすい」という女性にとっては、
 男性器が膣内の適切な位置に当たってさえいれば、ゆっくりな動きの方がありがたいのです。
 

 
 また、横向きに寝ていることで内臓や脂肪、筋肉がおりてきて膣圧をあげる手助けになります。
 背面側位の時、イラストの様に女性の両脚の先が床に着いていると、女性の両脚が交差(クロス)していることになるので、それも膣圧をあげる効果になり、
 膣イキするときにリキみやすくなります。
 
 女性の片脚が開いて浮いている状態の背面側位だと、膣圧を補う効果が減り、不安定な体勢になるのでリキむのも難しくなります。
 しかし、脚を開かれているという体勢の恥ずかしさで性的興奮を強くする女性もいます。
 
 背面側位で、男性は背後から手を伸ばしクリトリスを刺激しながら腰を動かすと、
 クリトリスの快感が膣快感を引き出す手助けをし、それが膣イキをしやすくする場合もあります。
 女性が自らクリトリスを触るのも良い方法です。
 
 ◆『背面側位(横臥位)』は体格差と体型が敵。膣イキしやすいかは女性との相性次第
 
 背面側位は、男女に体格差があると挿入が出来ない体位です。
 横向きに寝ているので、床から性器までの高さに男女で差があると挿入が出来ません。
 例えば、「太って尻の大きな女性」と「痩せて尻の小さい男性」では、女性の膣口に男性器が届きません。
 
 また、女性の体格によっては男性器の挿入が浅くなりやすいのも背面側位です。
 例えば、女性の太った脚や大きな尻がジャマをして膣口まで男性器が届きにくかったり、
 男性の大きなお腹があるせいで膣口まで男性器が届きにくかったりするのです。
 
 この様に、「膣イキしやすい」という評価を受けるには、あまりにも「体位と女性との相性による」という面が大きい背面側位ですが、
 背面側位と相性が良い女性にとっては「これ以上ない体位」と好きになるのも背面側位です。
 
 【関連記事】
 ⇒【膣イキしやすいといわれる体位。松葉くずしについて】
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。