【女性向け解説】男性を喜ばせる騎乗位の動き方 - 男性をイカせる騎乗位の動き【2】

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆男性を虜にしたい女性に◆◆  >  ⇒男性が喜ぶ騎乗位の動き方 >  【女性向け解説】男性を喜ばせる騎乗位の動き方 - 男性をイカせる騎乗位の動き【2】

【女性向け解説】男性を喜ばせる騎乗位の動き方 - 男性をイカせる騎乗位の動き【2】

 男性を喜ばせる騎乗位の動き方【1】からの続きです。 

 女性がM字になり、上半身を後方に傾けた体勢の騎乗位では、
 女性は上半身と腰を「引く、戻す、引く、戻す」の繰り返しで、男性器を抜き挿しします。

 manzokunosusume_kijyoui_3.jpg
 
 男性器と膣の結合部がとてもよく見えるのがこの体勢です。
 女性は、男性器の抜き挿しを良く見せる様に意識しながら動きましょう。
 
 女性は動きながら、自分でクリトリスをイジったり、抜き挿ししている男性器を触ってみせたりすると
 男性は「この女、エロいなー」とか「この女、興奮しているな」と考えて喜びます。
 その時に「いやん。こんなに濡れてるぅ」とか「こんなに硬いのが出たり入ったりしてるぅ。スゴイ」などと言うと、男性はもっと喜びます。
 
manzokunosusume_kijyoui_4.jpg

 女性が上半身を前に傾けた体勢は、女性は上半身を前後させる要領で上下の動きを行います。
 これまで紹介した姿勢の中では、これが一番、女性が疲れにくい体勢にあるでしょう。
 
 この体勢は、男性器と膣の結合部が見えにくいですが、
 女性は、腰を動かしながら、キスをしたり、男性の乳首や身体をナメたりすることができます。
 腰の動きだけではない「愛撫」で男性を感じさせましょう。
 
 この体勢でも、早い上下の動きの方がイキやすい男性が多いです。
 
 ◆男性も勃起の角度によって出来る体勢が変わる
 
manzokunosusume_danseiki_ka.jpg
 
 ここまでいくつかの体勢を紹介しましたが、
 その男性の勃起の角度によって出来ない体勢があります。
 
 ここまで紹介してきた体勢は↑解説イラストの「A」「B」「C」の角度に男性器が動かないと出来ないものです。

 ところが、勃起した時に、男性器が↑解説イラストの「A」の角度にしかならない男性がいます。
 この様な男性だと「B」や「C」の様になる動きをされると痛みしかありません。
 
 「A」の角度にしかならない男性器には、女性が上半身を前に傾けた体勢の騎乗位しか出来ないわけです。
 
 騎乗位で挿入する前に、その男性の勃起した男性器がどの位置まで動けるのか確認しましょう。
 
 ◆男性が喜ぶバリエーション
 
 騎乗位のバリエーションとして女性が男性に背を向けて挿入します。

manzokunosusume_kijyoui_5.jpg
 
 この時、背面でも、すでに解説したいくつかの体勢と同じ様に動きます。、
 M字開脚や女性がヒザを着いた姿勢の時は「上下の動き」
 女性の上半身が前に(男性の足先の方に)倒れた姿勢の場合は、女性は上半身を前後させる要領で上下の動きを行います。
 
 女性は、男性に自分の肛門と結合部が良く見える様に意識して動きましょう。
 それらが見える方が男性は興奮しやすいです。
 
 腕を後方に伸ばして、男性の手を握ると、バランスが取りやすく動きやすいかもしれませんが、
 男性の手は自由にさせ、女性の尻や腰のあたりに触れさせるのも「女性の背後を取っている」という征服欲を満たします。
 
 女性が気持ち良さでを感じている様子を見て喜ぶ男性は多いですから、
 背面は女性の表情が見えないので、少し大きめにアエギ声を出したり、アゴをあげ天井を見ている素振りなどで自分が気持ち良く感じていることを男性にアピールします。
 さらに背筋を反らしたり、左右の肩甲骨を寄せることで、筋肉の緊張をアピールすることも感じているアピールになります。
 
 スタイルの良い女性であれば、動きながら、
 時々、身体をひねって後ろを背後の男性を見ましょう。
 ひねられている身体のラインが男性を視覚から興奮させます。
 
 女性は腰を動かしながら、時々、男性の陰嚢(タマ袋)を手で触りましょう。
 指先で撫でたり、軽くもんだりします。
 男性はそれで快感を得ます。
 しかし、陰嚢(タマ袋)が触り続けていると快感に対して感度が鈍くなってくるので、間を空けたり、指先でサワサワと触るだけにします。
  manzokunosusume_fera_innou.jpg

 ちなみに、この陰嚢(タマ袋)を触るのは、女性が前を向いている騎乗位でも、手を後方に伸ばせば陰嚢(タマ袋)を触る触ることが可能ですから、
 前を向いている通常の騎乗位でもやってみましょう。
 
 ◆開発されていれば、男性も女性も同時に喜ぶ騎乗位ができる
 
 この記事の冒頭で、騎乗位でも男性が喜ぶ動きと女性の喜ぶ動きは違うと書きましたが、
 自由に膣イキ出来る様になっている女性であれば、ここで解説した「男性が喜ぶ上下の動き(ピストン運動)」でも膣イキできます。
 ですから、『女性が膣イキするための騎乗位の体勢と動き方について』で膣イキ出来るように開発すれば、
 男性も喜ぶし、同時に自分も喜ぶ(女性も膣イキできる)騎乗位が出来る様になります。


 【関連記事】
 ⇒『女性が膣イキするための騎乗位の体勢と動き方について』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2014/08/17 10:00 ] ⇒男性が喜ぶ騎乗位の動き方 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。