膣イキするための「クリトリスと膣内の同時に刺激」について【女性の自己開発】

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒膣内を気持ち良くする方法 >  膣イキするための「クリトリスと膣内の同時に刺激」について【女性の自己開発】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膣イキするための「クリトリスと膣内の同時に刺激」について【女性の自己開発】

 膣イキ、膣快感の自己開発法についての記事で書いているように、膣の快感とクリトリスの快感には密接な関わりがあります。
 膣快感を起こすため、膣イキを起こすためには、クリトリスと膣内を同時に刺激するのが効果があります。
 
 この同時の刺激が上手くいかない女性に向けて解説します。

◆クリトリスでイク前と後と寸前
 
 クリトリスの快感は膣の快感を呼び起こします。
 その呼び起こされた膣快感が膣イキにつながります。
 
 クリトリスを刺激しながら、膣内を指やディルド等の棒状の道具で刺激します。
 膣の最深部を刺激するには、ディルド等の棒状の道具が有効です。
 
 とはいえ、
 同時の刺激から起きる状態も女性によって様々です。
 例えば、
 クリトリスを刺激している間しか膣内の快感が起きない女性もいます。
 この様な女性だと、クリトリスでイッてしまうと、その後は、膣内を刺激しても快感が無いという場合が良くあります。
 この様な女性は、クリトリスでイカない様に、それでも刺激を休みなく続けながら、膣内を刺激します。
 この時に、ディルド等の棒状の道具で膣の最も奥を刺激しましょう。
 自分が最も奥だと思っている位置よりも、もう一段奥が無いか探ってください。
 その最も奥を、棒状の道具でナデるように刺激します。
 やがて、クリトリスでイッた後も膣快感があるようになります。
 
 また例えば、
 クリトリスでイッた後の方が膣内の快感が大きくなる女性は良くいます。
 クリトリスと膣内を同時に刺激しながら、やがてクリトリスでイッた後も、休みなく膣内の刺激を続けてください。
 イッたことで疲れ果ててしまう人もいますが、それを乗り越えて膣内を刺激します。
 この時、膣口から浅い一帯を指で刺激するより、
 ディルド等の棒状の道具で膣奥を刺激するのが膣イキのためには効果的です。
 この時、膣の最も奥だと思っている位置よりも、もう一段奥が無いかをディルド先で探ってください。
 膣の最深部を、棒状の道具でナデ上げナデ下げを繰り返して刺激します。
 
 また、同時刺激しながら、クリトリスでイク瞬間にクリトリスから手を離し、
 膣内刺激だけにする『ブリッジ法』も試してみましょう。
 『ブリッジ法についての記事は⇒『セックスで膣イキをするためのブリッジ法』
 
◆運動快感の体験がある女性なら
 
 上記で、「膣の最深部を、棒状の道具でナデ上げナデ下げを繰り返して刺激します」と書いていますが、
 クリトリスを刺激しながら、
 膣の最深部をディルドなどの棒状の道具で「押す、離す。押す、離す」を繰り返す、小刻みな運動の方が有効な女性もいます。
 
 例えば、
 子供の頃の運動やこれまでのスポーツやダンスの経験で、
 身体の揺れることから快感を得たことがある女性なら、
 膣奥への刺激は小刻みな振動の方が有効な場合があります。
 
◆クリトリスを刺激、意識は膣内へ
 
 クリトリスの快感は膣快感を呼び出すきっかけです。
 クリトリスで快感を得ながらも意識は膣内に向けましょう。
 
 【関連記事】
 ⇒『セックスで膣イキ(中イキ)をするためのテクニック『ブリッジ法』 - クリトリスから膣への橋渡し』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2014/11/16 12:00 ] ⇒膣内を気持ち良くする方法 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。