【中編】性的不感症の改善 - ある女性の初めてのオーガズムの経験『枯れた身体じゃないから』

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆【経験談】初めての絶頂感の事例集◆◆  >  ⇒不感症の改善の事例 >  【中編】性的不感症の改善 - ある女性の初めてのオーガズムの経験『枯れた身体じゃないから』

【中編】性的不感症の改善 - ある女性の初めてのオーガズムの経験『枯れた身体じゃないから』

 【前編】からの続きです。
 
 性器には、まだ一切触っていないのですが
「指が入っている時、そうでない時の差が・・・スゴイ」と彼女は言います。
「今日は、まだ、一回もソコには触ってないし、指も何も入れてないぞ」と私が言うと、
「嘘!? 嘘でしょう? なら、なんで、なんで、そんな感じなの・・・なんで・・・」
 私の骨盤周辺のマッサージは、膣に何も入っていないのに、何かが挿入され、動いている感覚がするのです。
 それによって、内部が開発されるわけです。
 その後も、イキ続ける彼女。
「やっぱり、なんか入っている・・・。 入れたでしょ?」
「だから入れてないって(笑)」と私。

 あお向けになった、彼女の腹をさすります。
 呼吸を荒くしながら、それだけで膣イキを繰り返す彼女。
 完全にポルチオ性感が効いているのです。
 また骨盤周辺のマッサージで、さらに彼女の体内を目覚めさせます。
 私は性器にまったく触っていないのに、
 彼女が絶対に性器を「触っているし、何か入れている」と言うので、それならばと、この日、初めて彼女の性器を触ります。
「ほら? まったく感触が違うだろ。 今まで触って無かったのは本当だろう」と私。
「・・・・・・・本当だ・・・・なんで、どうしてあんな風に出来るの? なんで?」と彼女。 
 ついでなので、今日初めて彼女の膣に指を入れます。
 
 入り口で指をチョコチョコするだけで、
「アうう、アうう、アうう」と彼女はイキます。
 指を入れて、Gスポットでもイカせてあげると、
「ああああああ! 今の何~~~? 何なの?」と彼女。
「今のがGスポット、他にもいろいろあるけど」と、私はアチコチ刺激します。
 クリトリスも軽く触って2度ほど絶頂させます。ポルチオが効いているのでクリトリスでイクのも爆発力が違います。これが彼女の初クリイキです。
 イキ続け身体をガクガクさせながら、彼女は「もうやめてぇ・・・」となります。
 すでに身体の外側から刺激で、身体のどこを触ってもイクようになっているので、中からの開発はあまりいりません。
 膣内や性器への刺激はソコソコにしておきます。
 
 背中を触るだけで、痙攣が止まらなくなり、常に浅くイキっぱなしになりながら、さらに大波のイキが何度も何度も襲ってくると言う状態の彼女。
「身体が止まらない・・・もう・・・とめて・・・とめて・・・」
 彼女の手の指先を触るだけイキますし、二の腕を触っても、髪を触っても、耳を触っても、鼻先を触っても、口の中を触っても、キスでも、まぶたを触っても、息を吹きかけられただけでもイキ続けます。
 触れることなく「ほら、大波が襲ってくるぞ」と話しかけるだけで「もう、やめて~~・・・うううう」と痙攣し、身体をのけ反らせてイクのです。
 もうずっと痙攣が止まらない彼女。
「お腹が痛い・・・」と言います。
 イッタままの状態がおさまらずに続いているので腹の筋肉が痛み出したのです。腹筋がずっとカチカチです。
 
 これだけポルチオ性感の効果が出やすい身体のJさんが、今までイクことが出来なかったのは、どう考えても不思議です。
 それだけ、ハッキリとした壁があったのでしょう。
 普通にペニスを挿入するだけだって、彼女のならポルチオの効果が出て膣イキしたはずです。挿入して20分くらい動き続けてくれていれば良かったのです。
 それが今まで膣イキ出来なかったと言うのは、申し訳ないですが、相手していた男性がいかによろしくないセックスをしていたかということでしょう。
 彼女の方がダメなのわけでも、イケない体質なのわけでも無かったのです。
 男性が、彼女の中の壁を壊せなかっただけなのです。
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2011/06/14 07:00 ] ⇒不感症の改善の事例 | TB(-) | CM(-)
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。