膣イキ(中イキ)するには、身体に力を入れたほうが良いのか?力を抜いたほうが良いのか?

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒女性のセックスの悩みQ&A >  膣イキ(中イキ)するには、身体に力を入れたほうが良いのか?力を抜いたほうが良いのか?

膣イキ(中イキ)するには、身体に力を入れたほうが良いのか?力を抜いたほうが良いのか?

 セックスやオナニーの最中に『身体に力を入れたほうが良いのか?力を抜いていたほうが良いのか?』という質問は良く届きます。
 

 膣イキ(中イキ)するための基本は、
 「リラックスして気持ちよくなり、イキそうになったら、あるいは、イク時に力を入れる」
 ということです。
 
 この時の力を入れるというのは、全身か、足先か、肛門を締めるように股に力を入れます。
 
 しかし、基本はそうですが、オナニーをする女性であれば、力むかどうかはオナニーをする時のクリトリスでイクまでの身体の使い方と同じで良いです。
 この様に身体の使い方を知っておくのは、オナニーでイクことを繰り返し経験しておくのは、膣イキ(中イキ)するために必要なことです。
 
 ところが、オナニーの時に内股で力むオナニーをする女性、脚をピンと伸ばしたオナニーをする女性は、
 セックスでは同じ様に身体を使えないので、
 脚を開いた状態で、尻を締めたり、足先だけを伸ばすことでクリトリスでイケるオナニーのやり方に変えていくことが必要です。
 
 また、この様な『間違ったやり方のオナニー』をしている女性の一部や、
 膣内で快感を得られない女性の中には、
 肛門を締める要領で、膣を締める様にしないと膣内快感が得られない女性がいます。
 
 この様な女性は、膣内快感を得るために膣を締め続ける事が必要です。
 やがて膣を締めなくても膣内快感を得られるようになったら、リラックスで快感をさらに高めるようにしましょう。
 
 「身体の力の入れ方」についてや「間違ったオナニーのやり方」は、さらに関連記事でどうぞ。
 ⇒『イクための身体の力の入れ方』
 ⇒『 間違ったオナニーから脱出する方法 - 女性の脚ピン、内股に力を入れるのは「してはいけないオナニー」』
 ⇒【事例集】『膣イキの練習で違いを知る - ある女性の初めての膣イキ。クリイキと膣イキを同じと思っているとイケない。』
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。