脚ピン・オナニーの癖を膣イキ(中イキ)して治す方法

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒してはいけないオナニーの方法 >  脚ピン・オナニーの癖を膣イキ(中イキ)して治す方法

脚ピン・オナニーの癖を膣イキ(中イキ)して治す方法

◆セックスやオナニーでやってはいけない癖を治す

 『してはいけないオナニーの方法』の記事でも書いているように、
 内股に力を入れるオナニー、脚をピンと伸ばすオナニーのやり方は、
 実際のセックスではそれを再現しにくいので、クリイキと膣イキ(中イキ)をしにくくさせるオナニーの癖です。
 
 『内股力み+脚ピン』 > 『内股力み』 > 『脚ピン』
 この順番でタチが悪いオナニーと言えると思います。

 「脚ピン」だけの癖なら、実際のセックスでもクリイキ(クリトリスでイクこと)は、イクまで時間がかかってもなんとかなるかもしれませんし、
 脚をいくらかでも開ける脚ピンなら、男性が指や道具で膣イキ(中イキ)させるのも可能だろうと思います。
 男性器の挿入でも、「伸長位(しがらみ)」などの体位なら脚ピンは出来ます。
manzokunosusume_ikiyasui_shigarami_A.jpg
 
◆膣イキ(中イキ)が身体を緩める 
 
 「内股に力を入れる癖」、「脚ピン癖」を治す方法の一つとして、
 連続で何度も膣イキ(中イキ)できるようになるのがあります。
 
 膣奥への刺激によって(Gスポットなどの膣口付近の刺激ではなく)膣イキ(中イキ)が出来るようになると、
 連続でイキ続けることも、比較的に苦もなく出来るようになります。
 
 その様に、膣奥への刺激で連続でイキ続けていると、
 女性は次第に、身体を強く力まなくてもイキ続けるようになります。
 
 その様な状態になっている女性に対してクリトリスを刺激すると、
 個人差はありますが、内股力みや脚ピンをしないままクリイキをします。
 これを繰り返していると、通常から内股力みや脚ピンをしないままクリイキ出来るようになる可能性があります。

◆脚を広げることで脚ピンでもイケる可能性
 
 セックスであれ、オナニー(女性の自己開発)であれ、
 脚を必要な程度に広げられるならば、
 指や道具を挿入できるので、膣奥を性的に開発し、膣イキ(中イキ)出来ます。

 
 内股力みや脚ピンの癖が強い女性なら、強めに振動する棒状の道具を挿入して膣奥を刺激するのが良いかもしれません。
 内股力みや脚ピンの癖が強い女性だと、膣奥のポルチオ(子宮口)や膣奥の膣壁を「押す、揺らす」をしても効果が薄いことが良くあります。
 その場合、腹膜や直腸側に刺激を送るようなつもりで、膣奥を強めの電気振動で刺激すると効果が出る場合があります。
 
 最近は、ポルチオ開発用のバイブも売っているので、それを利用すると良いかもれません。
 
 この時、同時にクリトリスも電気振動で刺激しましょう。出来るなら、クリトリスもやや強めの刺激が良いです。
 これは、外と中と、同時に振動させることで快感の出所をあいまいにして、脳に錯覚させて膣内快感を強く引き出すのが狙いです。
 
 強い振動に抵抗感を持つ女性もいるとは思いますが、
 自分で自分の制限を作らず、「刺激が強いイコール快感も強い」と思い込めるような、会館に対して貪欲になることでご自身の性的な脳を変えていくことが出来ます。
 
 【関連記事】
 ⇒『女性がポルチオを自己開発して膣イキ(中イキ)する方法』
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。