【イケない女性】クリトリスでイッてないのに、触っているとくすぐったくなったり、触れなくなってくる原因と改善法【女性の自己開発】

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒自己開発【2】イケるようになる >  【イケない女性】クリトリスでイッてないのに、触っているとくすぐったくなったり、触れなくなってくる原因と改善法【女性の自己開発】

【イケない女性】クリトリスでイッてないのに、触っているとくすぐったくなったり、触れなくなってくる原因と改善法【女性の自己開発】

 ◆膣イキ(中イキ)もクリイキも出来ない女性
 
 膣イキ(中イキ)だけでなく、クリトリスでもイケない、まったくイクことが出来ない女性がいます。
 そんな女性が膣イキ(中イキ)を出来るようになるには、まずクリトリスでイケるようになること(クリイキ)が基本として第一段階です。

 クリイキが出来る女性なら、クリトリスでイッた直後に、クリトリスを触り続けるとくすぐったくなったり、刺激が強すぎると感じたりしてそれ以上触り続けられなくなる経験をしたことがあると思います。
 
 クリイキが出来ない女性にも、オナニーでクリトリスを触っていると、ある時点からくすぐったくて触れなくなる、刺激が強くなって触れなくなる状態になる人がいます。
 
 『イッているとは?』の記事でも書いているように、
 膣イキ(中イキ)の場合はイッている状態を認識できない女性がいますが、
 クリイキの場合は、イケていれば、イッたことを問答無用で女性は実感します。
 
 ですから、クリイキが出来ない女性に起きている触れなくなる状態はイッたことを表しているのではありません。
 しかし、精神的と肉体的なピークは過ぎたのでイッた後と同じ状態になっています。
 
 精神的と肉体的なピークと書きましたが、
 クリイキが出来る女性ならば知っていると思いますが、
 イク時には身体の激しい緊張や苦しみがあり、身体の内側に意識が集中したり、意識が混乱したり、叫びたくなったりして、
 イクとそれらから解放され、
 イッた直後は、脱力したり、呆けてしまったりするものです。
 
 この様に、極端に言えば、クリイキというのは肉体的な苦しみ(緊張)と意識の集中と混乱からの解放だといえます。
 
 クリイキの出来ない女性は、この肉体的な苦しみ(緊張)と意識の集中や混乱のピークがとても低いために、
 問答無用なクリイキが起きないわけです。

 
 ◆クリイキするには
 
 『自己開発の方法』の記事でも詳しく書いていますが、
 オナニー(自己開発)でクリイキするには、
 雑念が集中のジャマしないようにエロ動画などを観る事で性的興奮を強めます。
 
 この時、愛するパートナーのことを想像しながらするのも良いのですが、
 愛する相手との行為が、性的興奮を強めるとは限りません。
 オナニー(自己開発)では、自分の性的興奮をもっと強める何かを探しましょう。
 新しい自分の性的嗜好を見つけたり、変態的などと敬遠することなく性的嗜好に正直になり、
 自分をより強く性的興奮させるオカズを探しましょう。
 
 クリトリスを触る時には、本当は自分の指で触るのが理想ですが、
 イクという経験をするまでは、
 ローターや電マなどの、指では出来ない一定の動きを続けてくれる電気振動する道具を使うほうが良いかもしれません。
 性的開発を望むなら、自分で自分に制限・限界を作るのは良くありません。
 道具は刺激が強いなどと敬遠せずに、刺激が強いイコール快感なのだと考えて、前のめりに快感を求める意識を持ってください。
 
 クリトリスを刺激し始めたら、身体から力を抜いたほうが気持ち良いのか、力を入れていたほうが気持ち良いのか感じてみましょう。
 脚を曲げていたほうが気持ち良いのか、脚を伸ばしていた方が気持ち良いのか感じてみましょう。

 クリトリスを刺激していて快感が強まってきたら下半身に力を入れます。
 肛門を締める要領で力むか、
 足先を伸ばすようにしたり、足の指を曲げたりして力みます。
 力み方は体勢にもよります。
 『してはいけないオナニーの方法』の記事で、脚ピンのオナニーと内股に力を入れるオナニーをしないようにと書いていますが、
 とりあえずクリトリスでイクという経験をするまでは脚ピンはしかたがないかもしれません。
 ですが、脚を閉じて内股に力を入れる方法だけはしないでください。
 股間の圧迫ではなく、あくまで、クリトリスを刺激する方法でイキましょう。

 
 快感が強まってきたら、これでもかというくらいに身体をリキませます。
 自分を性的興奮させるオカズから目をそらしてはいけません。
 そのまま、自分の中で起きている快感にむけて集中します。
 もっともっとと快感を欲しがりましょう。
 苦しくても止めてはいけません。
 イケば、自分が止めなくても、その苦しみから一気に解放されます。
 
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。