【中編】快感への恐怖。イクことの恐怖心を乗り越える - ある女性の初めてのオーガズムの経験。『菩薩の顔でイキましょう』

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆【経験談】初めての絶頂感の事例集◆◆  >  ⇒快感に恐怖と嫌悪のある事例 >  【中編】快感への恐怖。イクことの恐怖心を乗り越える - ある女性の初めてのオーガズムの経験。『菩薩の顔でイキましょう』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【中編】快感への恐怖。イクことの恐怖心を乗り越える - ある女性の初めてのオーガズムの経験。『菩薩の顔でイキましょう』

 【前編】からの続きです。
 
 ここまでで2時間半以上の時間をかけています。
 
 ホテルに来る途中に買ったコンドームを装着して、彼女の中に挿入していきます。
 彼女は乾きやすいと事前に聞いていたので、挿入に時間をかけます。奥まで達するのに1、2分かけます。
 奥まで挿入した後も、さらに数分動かないでいます。
 そして、ゆっくりと動き始め。
 やがて、私が想定した彼女の痛みがでない体位「伸長位(伸展位)」に移行します。予想通りに「この体位なら痛みが出ない」と彼女。

 「伸長位(伸展位)」についてはこの記事で⇒『膣イキしやすい体位・伸長位(伸展位)について』
  manzokunosusume_ikiyasui_shigarami_A.jpg

 私は時間をかけて腰を動かしていきます。
 そうしていくと、彼女の中が膣イキに向けた反応を始めます。
 イク前に起こる高まりです。
 ですが、彼女はそれをとらえられずにいます。感覚的には、高まりは胸の下辺りで止まっている様子。
「マ○コをギュ~っと締めて、足を突っ張れ。やって来る波を頭まで引っぱり上げろ。引き上げろ」と私は指示します。
 すると彼女のアエギが絶叫に変わりました。
 とんでもない絶叫です。耳が痛いです。
 元・演劇部で鍛えたという彼女の声量。これほどの音量の絶叫は私のセックス人生でも1、2を争います。
 彼女の膣内は完全にイッた状態です。何度も何度もそうなります。
 彼女はうなり声のような絶叫を続けます。ホテルの廊下まで聞こえているはずです。
 ですが、彼女はまだイッた感覚にはなれない様子。
 身体の状態を、頭がイッタと思えないのです。
 それでも、
「こんなにずっと気持ちが良いなんて初めて・・・セックスってこんなに汗をかくもんなんですね。もうグッタリ(笑)」
「こんなに絶叫するのも初めてで、自分でビックリ。自分でウルサイ(笑)」と彼女は言います。いつもは女の子らしいアエギしかしないのだそうです。
  
 一度、私は挿れていたモノを抜いて、指でYさんのクリトリスを刺激していきます。
 彼女の耳元で、
「俺がついているから、怖がらなくても良いぞ」と指示します。 
 また彼女は絶叫を始めます。
 そして、身悶えます。
 何度も高まりがやってくる彼女。
「怖がらず。そのまま飛べ。・・・飛べ。」と私は指示します。
 絶叫。身悶える彼女。
 一段と激しく絶叫し、身体を緊張させたかと思うと、
「今のは・・・少しわかったかも」と、息を荒くして彼女は言います。
 彼女は半イキしたのです。
 この段階で、私は彼女が叫ぶ理由に気づいています。
 
 コンドームをして、また彼女に挿入します。
 いきなり絶叫を始めるYさん。
「なんか、ずっとずっとスゴク気持ち良いんだけど・・・少し動くだけで・・・こんなの初めてで・・・」と彼女。
「そりゃそうだ、(膣の)中はずっとイッたままだから」と私。
「そうなの?」と彼女。イッタという実感が無いのでキョトンとしています。
 私が少し動くだけで、その度に何度も高まりが襲ってくる彼女。
 ますます激しい絶叫です。女性の出す声じゃありません。
「マ○コ締めろ」
「それを引っぱって来い。大きな波が来るぞ」
「快感に集中して、その波に飲み込まれろ・・・そのまま沈んで行け」と彼女に指示します。
 ここで私は彼女の口を手で塞ぎます。
「今度は叫ぶな。叫ばずに快感を引っぱれ」
 彼女が叫びを止めます。
 叫びで逃がしていたのか、彼女の中に何かが溜まっていく彼女の身体が硬直してのけ反り、そして、力が抜けます。
「今のはわかったろ?」と私。
 脱力して、彼女は、ただうなづくだけです。
 彼女の初膣イキです。初イキですね。
 ですが休ませず、そのまま、連続でイカせます。
 もう叫びは起こりません。叫びたい思いが、
「ううううう・・・」と口の中でこもります。
 そして、何度も何度もイクのです。
 何回イッタなんて回数など数えられません。
 途切れることなく、彼女はイキ続けます。
 
 彼女は、快感が極限に高まることの恐怖、イクことへの恐怖、未知な感覚への恐怖を「叫ぶ」ことで発散していたのです。叫ぶことで、絶頂する前に、その感覚を逃がしていたんですね。
 
 【後編】に続きます。⇒【後編】へ
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2011/06/15 19:00 ] ⇒快感に恐怖と嫌悪のある事例 | TB(-) | CM(-)
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。