【1】女性の性的自己開発 - セックスでイケるようになる為のオナニーのやり方

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒女性が自己開発するオナニーの方法【1】 - イクための基本 >  【1】女性の性的自己開発 - セックスでイケるようになる為のオナニーのやり方

【1】女性の性的自己開発 - セックスでイケるようになる為のオナニーのやり方

◆セックスの為にオナニーをする

 この記事では、セックスでもっと気持ち良くなる。セックスでイケるようになる為のオナニーのやり方について書いています。
 ここで言うセックスでイクというのは、クリトリスでイク、と、膣イキ(中イキ)の両方です。

 性行為の快感には、俗に「イク」と言われる絶頂感が男女にあります。
 男性はイクこと(射精)ができる人がほとんどですが、
 女性ではイクことがなかなか出来ない人が多くいます。
 なので『どうしたらイケるようになりますか?』、『膣イキが出来るようになるにはどうすれば良いですか?』という質問を良く受けます。
 
 セックスはイケなくても楽しめるものなので、
 イクことにこだわらないという考えが出来れば良いのですが、
 男性からイクことを求められたり、イクことが出来ない自分に劣等感を感じたりと、
 セックスでイケないことに悩む女性は多くいます。
 
 同じ内容のセックスあるとして、
 過去のセックスやオナニーの経験から、自分の身体が気持ち良くなることを知っている女性のほうがイキやすくなります。
 そして、同じ内容のセックスあるとして、
 性的に興奮できない人よりも、性的に興奮できる女性のほうがイキやすくなります。
 さらに、同じ内容のセックスで、同じだけ興奮しているなら、
 身体の筋力。特に腰と下半身に筋力がある女性のほうがイキやすくなります。

 一度もイッたことがない女性よりも、イクという経験をしたことがある女性の方が、セックスでもイキやすくなります(クリイキ、膣イキどちらも)。
 セックスやオナニーで、膣内でも快感を得られる女性のほうが膣イキをしやすくなります。
 
 セックスのパートナーである男性の努力によってイクことを実現できれば良いのですが、どうしてもそうならない場合、
 女性の中には、自分で何とか出来ないかと『自己開発』を考える人も多くいます。
 
 『自己開発』をするとならば、やはり自慰行為(オナニー)は欠かせないことです。
 セックスという本番の為にオナニーという練習がいるのです。

  ←【自己開発のオナニーの方法【1】の記事のイラスト版】
 
 自己開発をするうえでの最初の目標は、
 オナニーをした事が無い女性は、まずはじめる事。
 イクことを知らない女性は、クリトリスでイクこと。
 クリトリスではイケる人は、クリトリスの快感をもっと増やし、そして、膣イキを目指します。
 「オナニーをしない、あまりしない」という女性も読んでいる前提で書いています。
 私(筆者)はなるべく多くの女性に当てはまる様に内容を書いていますが、この記事で書いている事が当てはまらない身体の状態の人もいます。
 
 生まれつき『運動神経』が良い人は、どんなスポーツも要領良くこなすものですよね。
 性行為でも、生まれつき快感をたくさん得られて初体験からイケるなんて女性もいます。
 しかし、実際はその様な女性は多くありません。
 『性感帯』や『性的な快感』というのは、(個人差はありますが)長い期間をかけて繰り返し刺激を経験することで、脳が身体の部位で快感を得るのだと学習します
 
 身体の発達や性的刺激への経験値が快感の質に影響します
 
 ですから、たとえば『私は20歳女の子です。エッチの知識も少ないです。オナニーはしません。この前、大好きなカレとはじめてエッチをしましたが気持ち良くなれなかったんです。私は変なんでしょうか?』という悩みも、それは「まだ若いし、性的な刺激に対する経験が少なすぎるわけですから、そうなっても普通」なわけです。
 
 セックスをする相手の男性が、その女性の性的な可能性を引き出してくれさえすれば、自己開発という苦労しなくても良いのでしょうが、
 実際には、そう出来る男性ばかりではないですから、
 より良いセックスの為に、
 セックスをする前に女性が『性的な自己開発』をしておくことになるわけです。
 
 自己開発で出来る事はいくつかありますが、自慰行為(オナニー)も欠かせない事です。
 『虚しい』『怖い』『汚い』『気持ち悪い』とか、オナニーをすることに抵抗感がある女性も多いですが、望むものがあるのに、ご自身の努力は無しで男性ばかりにまかせきりなのもどうかと思うのです。
 
 より良いセックスをするために、オナニーをすることで性的刺激への経験値を増やしましょう。
 
 次の章では、イクとはどうの様なことなのか、イクために必要なことは何か、自己開発のオナニーのやり方を説明していきます。
 次の章へ⇒【身体や意識が、どうなればイケるのか】
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。