【3】女性の性的自己開発 - セックスでイケるようになる為にイキやすい体勢を知る

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒自己開発【3】イキやすくなる >  【3】女性の性的自己開発 - セックスでイケるようになる為にイキやすい体勢を知る

【3】女性の性的自己開発 - セックスでイケるようになる為にイキやすい体勢を知る

◆イキやすい体勢を知る

 女性の自己開発のオナニーの方法【1】【2】と、 
 自己開発のオナニーを進めてきたら、
 次に、
 身体に力を入れやすい体勢を探してみましょう
 イク為には身体の筋肉を緊張させなければなりません。
 リキみやすい体勢があるはずなので体勢を変えてみましょう。

 あお向けであれば、尻を締め、太ももや足先に力を入れます。
 足を伸ばし、足の指は折り曲げた方が力みやすい人もいれば、足の指を反りかえらせて足の指を広げた方が良い人もいます。
 快感が高まって来てイク直前には、腰が浮き、背中が反る人もいます。
 なので、あえて、腰を浮かし、背中を反らせると、脳が勘違いして快感が大きくなったり、イキやすくなる女性もいます。
 
 うつ伏せの方が力みやすい人もいるでしょう。
 うつ伏せで尻に力を入れ締めます。尻を浮かせた方が良い人もいれば、上半身を浮かせて反る様にした方が良い人もいます。
 
 他にも、
 四つんばい。椅子に座った姿勢。あぐらをかいた姿勢。正座。立った姿勢。中腰。あお向けで両足をあげる。横向きに寝る。
 自分にあったオナニーの体勢があるはずですが、
 セックスの為の『自己開発』のオナニーでは、なるべくなら、実際のセックスでする体位に近い姿勢が良いです。
 さらには、オナニーでいろんな体勢でリキむことができて、オナニーでいろんな体勢でイケることはセックスでもイキやすくなります

 ただ、
 女性の中には、いろんなオナニーの方法をしている人がいて、
 その中にはセックスには悪影響が出るものもあります。
 脚と股間に力を入れて、クリトリスと女性器を両足でギューっと挟む様にする特殊なオナニーをする女性がいますが、それはやめてください。
 これは括約筋や骨盤内の筋肉をリキむことで快感を得るオナニー方法で、
 このオナニーのやり方でイクことが出来る女性がたまにいるのですが、
 特殊な力の入れ方ですし、女性本人は身体のどの部分でイッているのかがわからないので、これをしているとセックスのクリトリスや膣への刺激ではイケなくなることがあります

 リキむことは大事なのですが、リキみだけでイクようなオナニーはしないでください。
 ずっと力み続けるオナニーはしないでください。
 イキそうな段階、イク瞬間、そこに力むだけで良いのです。
 実は、してはいけないオナニーのやり方というのもあります。これもチェックしておきましょう。
 ⇒『してはいけないオナニーのやり方』
 
 次の章では、オナニーの時と同じ様に、セックスの時にイキやすくなるために【イクためのスイッチを入りやすくする】ことについて書いていきます。
 次の章へ⇒【イクためのスイッチを入りやすくする】
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2011/06/16 08:00 ] ⇒自己開発【3】イキやすくなる | TB(-) | CM(-)
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。