【中編】オーガズムのための身体の使い方 - イクための手がかりはそこにある。ある女性の始めての膣イキ。

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆【経験談】初めての膣イキ(中イキ)の事例集◆◆  >  ⇒筋肉の使い方を覚える事例 >  【中編】オーガズムのための身体の使い方 - イクための手がかりはそこにある。ある女性の始めての膣イキ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【中編】オーガズムのための身体の使い方 - イクための手がかりはそこにある。ある女性の始めての膣イキ。

 【前編】からの続きです。
 
 ベビーパウダーのマッサージに移っていきます。
「(達人)さんも、ベビーパウダー使っていた気がするんですけど、覚えて無いんですよね(笑)」というHさん。
 せっかく気持ち良くさせて、もしかしたらイカせていたとしても記憶に残しておかないというのはいかがなもんだろう、と考える私。
 フェザータッチで触り始めると、すぐに反応を見せるHさん。
 かなり感度が高いようです。
 これは達人がそうなるように引き出したのか、もともと感度が高かったのか、私の触り方が良いのか、判別が効きません。

 うつ伏せで触っている時に、Hさんの尻の筋肉が発達していて、快感を感じるたびに尻を締める動きをしているのを見て、「これなら膣の締まりが良さそうだから、身体は膣イキはしているけど、それを頭で気づいていないんだろうな」と私は考えていました。
 身体は膣イキしているけれども、それを認識出来ないために膣でイクことが出来ない女性は多いです。
 これについてはこの記事でも⇒『イッているとは?イッている事に気づく - イッていることに気づかない女性とは』
 
 Hさんがあお向けになり、さらに触っていくと下腹部のあたりで、
「あぁ・・・そこ、オシッコしたくなる」と言うHさん。
 尿意で集中出来そうに無いと言うのでトイレに行かせ、帰ってくると、
「むらさん! ゴメンなさい・・・はじまってしまいました」とHさん。
 生理が始まったのです。
 くやしがるHさん。私は「仕方が無い」と笑います。
 しばらくの休憩の後、私が嫌でなければ、生理が始まったけれども最後まで続けたいとHさんが言うので再開することにしました。
 
 ベビーオイルを使ったマッサージをします。
 うつ伏せになった彼女の尻をマッサージしている段階で、反応を見ていて、
「??」と思うところがありました。
 膣イキしそうになっている状態の時の彼女の尻の筋肉なのですが、彼女が使っている筋肉はイク時に使うべきものでは無いのです。一見、派手に彼女の発達した筋肉が反応するので、うまく使えているように見えるのですが、
「ここ。 これを締めてみて」と、彼女の女性器の両サイドにある筋肉を押す様に触ってあげます。
 私にそう言われ、Hさんがそこを締めると彼女の反応が格段に増します。どうやら、今までのセックスで使ってこなかったようです。
 あお向けになったHさんにその筋肉を意識させると、本人も「今までぜんぜん違う」と言うように反応が違います。
「身体はイッているんだけどね」と私が言うと、
「頭でそれをわからないんだと思う」とHさんは言います。
 彼女の膣に指を挿れてみます。やはり膣イキを何度もしている様子です。
 彼女は生理なので、内部を傷つけたくないのであまり指を動かしたくありません。私は指を動かさないでいます。
 ですが、彼女はその動かない指に身体が勝手に反応して膣イキの反応を始めます。
「あああ~」と絶叫と「おかしくなる・・・」と言ううめきを繰り返す彼女。
「指はまったく動かしてないけど(笑)」と私。
「わかってる、でも・・・ううううう」と彼女の身体は何度も膣イキを繰り返していきます。
 
 私は膣内の反応に合わせて、
「今、(膣イキが)はじまった・・・ず~~っと昇って行く、まだまだ昇る、今ピークが来た」とか、
「そう今が頂点、それがず~~っと続く、まだ続く、まだ続くぅ・・・、今、降りてきた」という様に膣イキの起こりからそれを体感できるように説明します。
「またはじまった、まだまだ昇るまだ昇る、、ほかここで変化した、今がイッている状態。わかる?」
 とHさんに尋ねます。
 Hさんは「わがってきた・・・」と、のけ反りながら頷きます。
 そんなことを繰り返して休憩。
「セックスで、こんなに汗かいたの初めて」という彼女。
「さっきの筋肉は今まで使った事が無かったの?」と尋ねると、
「無い、と思う」と言うHさん。
「ん~、だろうなぁ。 今までのセックスで何度もイッていたなら、あそこの筋肉が勝手に使われるはずだから」と私。
「そうなんだぁ。でも、アレを締めると、もっと良くなるのはわかった」と言うHさん。
「だいぶイク感覚がわかってきたけど、まだハッキリしない感じだよね?」と私。
「うん・・・(苦笑)」と彼女。
「達人さんからは、さっきみたいなイクまでの感覚の説明は無かったの?」と私。
「無かったんだろうと思う。むらさんのはわかりやすい」とHさん。
 
 まだわずかな量ですが、一度、シャワーで血などを流す事にして、休憩。
 
 【後編】へ続きます⇒【後編】へ
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2011/06/17 07:15 ] ⇒筋肉の使い方を覚える事例 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。