【後編】オーガズムのための身体の使い方 - イクための手がかりはそこにある。ある女性の始めての膣イキ。

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆【経験談】初めての膣イキ(中イキ)の事例集◆◆  >  ⇒筋肉の使い方を覚える事例 >  【後編】オーガズムのための身体の使い方 - イクための手がかりはそこにある。ある女性の始めての膣イキ。

【後編】オーガズムのための身体の使い方 - イクための手がかりはそこにある。ある女性の始めての膣イキ。

 【中編】からの続きです。
 
 コンドームをして、彼女の中に挿入してみる事にします。
 しばらくゆっくりと動いて、体位を選んでいきます。
「これじゃ力が入れられないよ」と彼女が言う体位をわざと選びます。
 彼女は筋肉が発達しているのですが、イキそうになる時に余計な筋肉を使ってほしくないのです。
 彼女の場合は、腹筋と股に適度に力が入れば充分なはずだと私は考えていました。

 そうやって正常位の体位を選び、少し動きだすと、予想通り、
「あ! これ? これ? これかも! イクかも」と彼女が絶叫を始めます。
「イクかも、 イク。イク。これスゴイ、あ、あー!」と、彼女は膣イキしました。
 そして、イキ終わると「しあわせー」と笑顔で言っていました。
 その後、何度かイク度に毎回「とってもしあわせ」と言います。
「私が、おめでとう」と言うと、「ありがとう」と彼女は笑って答えました。
 
 その後はイキっぱなしですが、私が腰を動かし始めて5、6分でHさんは「もうダメ」状態に。
 それでも、私は笑いながらイカせ続けます。
「死ぬ」「壊れる」「頭がおかしくなる」「止めて」「許して下さい」と彼女がイキながら言いますが、私は笑っています。そんな私を見て、
「笑ってるし・・・Sだねぇ」と彼女は言って笑っていました。
 腰を動かしながら、クリトリスに触ると、
「今日初めて、クリに触ったんじゃ」と彼女言い、「今までクリが一番だったのに、今は中の方が気持ち良い」と言います。
 フ~と息を吹きかけると「やめて~」と言う彼女。
「今くらい状態にしたなら、息を吹きかけられたり、電車の揺れとかでイクってこともありえる」と私。
 どうせならと、暗示も使ってみようと、彼女の膣に私のモノが4本同時に入っているという暗示をかけます。
「死ぬぅ。抜いてぇ。死ぬぅ。抜いて。うううう」と、呼吸が止まりそうになりながらイキ続けるHさん。
 その後、全身の毛穴が膣になる暗示などをした後、
「むらさん、良くそんな風に動き続けていられるね。尊敬する。尊敬しながらイッてるワタシ」と笑っている彼女。
「これで1時間、2時間なんて無理。ホントに死んじゃう」とHさん。
「今日は(イクふりの)芝居は無しかね(笑)」と私。
「そんな余裕はありません」と笑う彼女。
 挿入してから50分ほどでHさんのギブアップ宣言が出たので、それでもまたしばらくイカせ続けてから終了しました。
 
 ベッドの上で「明日、ワタシ。、動けるのかな・・・。出かけるのに」と言うHさん。動けなくなっています。
 腰を曲げた姿勢でノロノロと風呂に向かうHさん。
 だいぶ時間が余ったので、一緒に風呂でまったりと過ごします。
「今日の様子だとイキ慣れていない感じだから、今までもイケていなかったんだろうなぁ。でも要領がわかっただろうから、これからも大丈夫だと思う」と私。
「他でも、イケるようがんばります」と言うHさん。
「今回のことは覚えておけるようにしたから(笑)」と私。
「忘れるわけないです。4本入ったのなんて忘れられるわけがない(笑)」と笑うHさん。
 シャワーのお湯が身体に当たるのでも感じるHさんを風呂場でまたイカせたりした後、身支度を整えて、ホテルを出ます。
 ホテルの外に出ると、夕方の空は雨があがって晴れていました。
 駅の前まで歩き、
「ありがとうございました」とHさんに言われ、笑顔の彼女と握手をして別れました。
  
 
 彼女からメールをもらいました。
 【】内がその内容です。

【今日はありがとうございました
 
帰りの電車の揺れで、またイったらどうしようって思ってたけど
イキすぎた疲れからか、グッスリと眠りについてしまって(笑)
 
むらさんのおかげで、やっとハッキリと“イク”が分かりました
 
ていうか、暗示とはいえ、同時4本刺しはヤバイですって(笑)
本当に死ぬかと思いましたよ(笑)
 
あんな体験は後にも先にもないだろうけど、イキっぱなしって、こういうことなんだぁ
あー、こうするとハッキリと“イク”が分かるんだってなぁっていうのも覚えられて、
これなら早漏の彼でも一緒にイケるかなって

明日、私は出掛けれるんだろうか
すでにベッドで動けなくなってるし(笑)
 
あぁ本当に幸せな時間をありがとうございました

 
 才能があるのにナゼかそれを開花できないという人はいますよね。
 たくさん練習したのに、何かが足りなくて練習の成果を発揮できないということもあります。
 足りない何かがわかればうまくいく。
 人は、きっかけさえあれば本来持っている才能を発揮できるようになることが良くありますね。
 そのきっかけを自ら手に入れる人もいれば、誰かに教えてもらうこともある。
 Hさんはもともとセックスの才能があった人だと思うので、今回の私はそのきっかけをちょっと示しただけです。これからのHさんが思う存分、自分の才能を発揮し続けてくれたらと、そう思いました。
 (終)

 【関連記事】
 ⇒【事例集】『丁寧に刺激をすればイケる女性 -「空を飛んでイキましょう」ある女性の初めての膣イキの経験』
 
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

[ 2011/06/17 07:30 ] ⇒筋肉の使い方を覚える事例 | TB(-) | CM(-)
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。