【前編】セックス中に冷静になってしまう女性 - ある女性の始めての膣イキの経験。 『心を鬼にしてイカせよう』

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆【経験談】初めての膣イキ(中イキ)の事例集◆◆  >  ⇒セックスに集中が出来ない事例 >  【前編】セックス中に冷静になってしまう女性 - ある女性の始めての膣イキの経験。 『心を鬼にしてイカせよう』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【前編】セックス中に冷静になってしまう女性 - ある女性の始めての膣イキの経験。 『心を鬼にしてイカせよう』

 「イケない」とか「性交痛がある」とか「不感症だと言われる」とか、セックスに関する様々な悩みのある女性と私は多く関わって来ました。
  
 私自身もそうなのですが、セックスの最中の自分の身体の状態を冷静に「分析するクセ」がある人がいます。
 自分の置かれている状況、自分がしている事、されている事、自分の身体の状態の変化、それを冷静に分析してしまう。
 その為に、セックスに集中できない。興奮できない。充分に快感を得られない。イケない、という人がいます。
 
 
 その女性は東京に住む32歳の医療の現場で働く女性でした。
 彼女は10人程の男性経験があり、オナニーによるクリトリスの刺激ではイケるが膣でイクという経験をしたことが無いとのこと、
 そんな彼女から「膣でイク経験をさせてほしい」と頼まれて、お会いした時の事です。

 昼間の駅で彼女と待ち合わせ、ホテルへ向かいます。
 ホテルの部屋に着き1時間くらい談笑します。
 看護師や医療現場で働く女性が決まって言うのは「医者は変態です」という言葉です。
 話していると彼女自身が言うように、「男っぽい」というサッパリした性格の印象を受けます。
 そして、会話の端々から、彼女自身の感情の動きや身体の状態を「分析」しているような印象。
 感情より思考が優先されるタイプなんだろうなと感じていました。
 
 互いにシャワーを浴びます。
 
 裸にガウンの彼女はベッドにうつぶせに。
 私は、肩の方から彼女の身体を軽く触ります。骨盤を触り「生理は重く無いでしょう?」と彼女に尋ねると「はい。軽いです」とのこと。
 足先だけが冷たく、腰が悪そうだなと感じました。後で聞いてみると、やはり腰は悪いとのこと。
 
 ホテルに来る途中に買ったベビー・パウダーを使って彼女の身体を触っていきます。
 指先が滑っていくごとに彼女は気持ち良さを感じているようですが、
 指先の感触から「今、いろいろ考えているんだろうな」と彼女の様子を感じ取ります。やはり、素直に快感に浸るよりは、頭でいろいろ考える様子。
 
 次に、ベビーオイルを使って触っていきます。
 あお向けの彼女に尻のあたりを触れいてると、その感触から、
「今、膣イキしているけど、わかる?」と彼女に言うと、彼女は快感を感じているようですが、
「良くわからない・・・」と答えます。
 身体は膣イキしているのだけれども、それを頭で認識出来ない状態の様です。
 その後も、何度かマッサージによって膣イキの反応を見せる彼女。
 ここまでで2時間半程。
 
 まだ、彼女の性器には触っていなかったので、クリトリスに触れてみる事に。
 身体の外には出ていない、私が「クリトリスの根(クリ根)」と呼んでいる部分から刺激していきます。
 そして、クリトリスを覆う皮の上から刺激し、やがてクリトリスを直接刺激していきます。
 すると、
「熱い! 熱い!!熱い!!」と彼女は声を上げて、やがてイキました。
 後から聞くとヤケドするかと思うほどクリトリスが熱くなって、今までに感じた事が無い感覚でイッたのだそうです。私がクリトリスをコスりすぎてヤケドしたわけではありません。
 身体の感度が上がっていると、クリトリスでイク感覚も、それまでに経験した事が無い程に高まります。
 そのまま続けてクリトリスで数回イカせます。
 クリトリスの刺激の方法についてはこの記事で⇒『クリトリスを刺激する時の大事な点』
 
 その後、彼女の膣に指を挿れていきます。
 指の感触では何度か膣イキした後の膣内の様子です。
 
 膣内を刺激していくと何度かトイレに行きたがる彼女。実際は尿意では無く、潮の感覚のはずですが、その度にトイレ休憩です(苦笑)
 潮ですから、トイレでは、何も出ないのに踏ん張ってたらしいです(笑)
  
 【後編】へ続きます【後編】へ
 
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。