セックスでイク為の筋肉の緊張と膣圧の改善 - イクための筋肉の緊張の重要性

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒膣圧を改善しましょう >  セックスでイク為の筋肉の緊張と膣圧の改善 - イクための筋肉の緊張の重要性

セックスでイク為の筋肉の緊張と膣圧の改善 - イクための筋肉の緊張の重要性

 ◆あなたは「力む」タイプ?「ゆるませる」タイプ?

 女性が、セックスで、俗に「イク」と言われる絶頂感(オーガズム)を得るには、「適切な性的快感」と「精神の集中」と「筋肉の緊張」が基本的に必要です。
 身体を「力む(りきむ)」のです。
 しかし、なんにでも個人差があるように、なかには筋肉の緊張が無くてもイケる女性もいます。
 身体から力を抜いたほうがイケる女性。
 筋肉を「ゆるませる」タイプの女性です。
 ですが、そのような女性は珍しく、イクには筋肉の緊張を必要とする女性がほとんどです。
 多くの女性が「力む」タイプなのです。
 
 女性がイク時には全身の筋肉の緊張が必要ですが、特に腹筋や括約筋などの骨盤周辺の筋肉、脚の筋肉の緊張が顕著に見られます。
 
 セックスでイケないことに悩む女性の中には、この「筋肉の緊張」がうまく出来ない為にイケない人がいます。
 そういった女性の中には、快感の高まりに合わせて、「脚をピンと突っ張れ」とか「脚の指を曲げてリキみなさい」とか「足の指を反らしなさい」、「肛門を締めるようにリキみなさい」、「腹筋に力を入れなさい」と指示してあげることでイケるようになる人もいます。

 たとえば、これは一度のセックスの間に複数回イクことが出来る女性(特に膣イキが出来る女性)に対して出来ることですが、
 女性がイク寸前にイクのをガマンさせます。その「寸前でガマン」を数回繰り返した後に本当にイクと、普通にイク時よりもとても深い絶頂感を味わうことが出来ます。溜まっていたものが一気放出するような感じでしょうか。
 女性が体験するイクという反応も画一ではありません。浅くイクもあれば、深くイクというのもあります。この深くイクを繰り返すことで酸欠で気を失ったり、幻覚を見る女性もいます。
 
 このイク寸前でガマンさせるやり方として、単純に「イクな。我慢しろ」という指示するやり方もあるのですが、イキそうになったら女性に何度も深呼吸をさせる方法があります。
 深呼吸を繰り返している時には、腹筋や骨盤周辺の筋肉を緊張させることが出来ないので女性はイキにくいのです。
 そうやって、イキそうになるたびに深呼吸をさせ、快感の高まりを静めます。これを数回繰り返した後にイクと、女性はとても深い絶頂感を味わうことになります。
 
 この例のように、イクためには腹筋などの筋肉の緊張が必要で、それが出来ないとイクのは困難なのです(かなりイキやすい女性だと筋肉の緊張なしでも当たり前のようにイクのですが)。

 しかし、これを読んでいる女性が、
 力んでも、なかなかイケないのであれば、
 今度は全身の力を抜いてみてください。脱力です。
 イキ層になる前もイキそうな時も、あえて脱力します。
 「ゆるませる」タイプの女性なら、力を抜いたほうがイケます。

 
 イクための筋肉の緊張の必要性について書きましたが、
 次の章では、膣圧と性的快感の関連。膣圧がさがる原因について書きます
 次の章へ⇒【膣圧と性的快感の関連。膣圧がさがる原因】
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2011/06/24 07:00 ] ⇒膣圧を改善しましょう | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。