性的開発の段階 - 膣奥の開発。浅い膣イキ、深い膣イキの違い。

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒浅い膣イキ、深い膣イキ >  性的開発の段階 - 膣奥の開発。浅い膣イキ、深い膣イキの違い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

性的開発の段階 - 膣奥の開発。浅い膣イキ、深い膣イキの違い。

 ◆イクための開発段階

 俗に、女性の性器周辺の性的開発は、「クリトリス」→「大陰唇、小陰唇、膣口入り口付近」→「膣内」という順番に進むと言われます。
 他にも「クリトリス」→「Gスポット」→「ポルチオ」という順番だとも言われます。
 これらの考えによると、クリトリスでイクこと(オーガズム)を覚えてから膣イキを知る女性が多いという理屈になります。

 私(筆者)はこの順番は必ずしも正しいとは思っていません、膣イキが出来るがクリトリスでイクことが出来ないという女性も多くはありませんがいます。
 とはいえ、この順番に性的な開発が進む女性が多いのは事実だと思います。
 
 要するに、いわゆる性感帯といわれる部位でも、女性は最初からそこが気持ち良いとは限らないのです。
 良質な性的刺激を受けることで性感帯はその範囲を広げて行き、良質な刺激によって快感の量も増えていくのです。

 栄養、教育で子供が立派に育っていくのと同じですね。性感帯も育て教えていくものなのです。
 
 子供は、寝返りやつかまり立ちからハイハイを覚え、しだいにヨチヨチと歩きだし、やがて自由に走るようになりますよね。
 発達や発育や成長には、その過程に順序というのがあるものです。
 幼い子供に教えていくのと同じで、女性を性的に開発していくのは時間がかかるものです。
 「チョッと触って、パッと挿れて、ガンガン動けば、女はイク」なんてことは無いのです。

 「大好きなカレと抱きあっているだけで幸せだけれど、できれば彼と一緒にイッてみたい」と考える女性は多くいます。
 膣イキが出来ない女性はとても多いのです。
 膣イキをするためにも、性的な開発の順番は、やはりクリトリスでイクのを覚えてからが普通です。
 
 ◆絶頂感の種類
  
 絶頂感(オーガズム)を表わす「イク」ですが、クリトリスでイクことと膣でイクのでは、その感覚は違うものです。
 さらに、
 膣でイクのにも「浅くイク」と「深くイク」があります。
 「深くイク」のも、女性によっては何段階にも分かれて感覚が違う場合があります。

 「浅い膣イキ」の「浅い」というのはイッている時間が短いことをさすことが多いですが、
 時間だけではなく「深くイク」とは絶頂感が別物なのです。
 
 膣で「浅くイク」というのは膣内の入り口近くの刺激でイク場合に多いです。
 いわゆるGスポット(注1)で膣イキする感覚も絶頂時間が短い「浅くイクの膣イキ」が多いようです。
 膣の入り口近く(浅い部分)はクリトリスに近いので、膣内から間接的にクリトリスへ刺激が伝わることで膣奥でイクのよりは比較的に簡単に達成できる絶頂感(膣イキ)です。
 クリトリスへの間接的な快感が膣イキを手伝ってくれるのです(男性器が浅く挿入されているという状態ではありません。奥まで挿入されていても入り口付近の刺激でイクことはあります)。
 
 「膣イキが出来るけれど、その感覚がクリトリスでイクのに似ている」と言う女性は膣内の刺激でイクよりも、膣内からの間接的なクリトリスへの刺激の方でイッている事も考えられます。
 
 (注1・・・『Gスポット』とは、一般的に、膣壁前方上部の領域の事。膣口から膣内に向かって2センチから5センチほどにある、恥骨の裏側あたり一帯の事を言います。その範囲の大小は個人差があり、その一帯では強い性的快感を得られるとされています。グレフェンベルクというドイツ人医師の名前の頭文字をとってGスポットと言っている。)
  mannzoku_no_susume_Gspot.jpg

 Gスポットについてはコチラ⇒『Gスポットについて - その性感帯の真実と快感の正体』
 
 ◆絶頂感の感じ方

 「浅くイク」に対して「深くイク」は、膣の奥への刺激でイク場合の絶頂感に多いですね。
 俗に言う「ポルチオでイク(注2)」もこれになります。 
 
 膣で「浅くイク」と「深くイク」の絶頂感がどう違うのかは女性によって表現が違いますが、絶頂感が続く時間が違うと言う女性が多いです。
 「深くイク」の方が絶頂感が続く時間が長いのですね。数秒から数分間、数時間、女性によっては数日だと言う人もいます。
 あるいは、色が見えるとか、違う世界が見えるとか、うわ言を話すとか、そのまま寝てしまうとか、失神する女性も含め、「深くイク」で女性が経験する状況は様々です。
 
 同じ膣イキでも、
 膣で「浅くイク」と「深くイク」では、「深くイク」の方が比較的に経験するのは難しくなります。
 
 (注2・・・『ポルチオ』とは、膣の奥で子宮が突出している部分の周辺の事です。 膣に指を挿れるとコリっとする突起物があると思いますが、それが子宮頸部です。その子宮頸部のまわりのことだと思ってもらえばわかりやすいです。ちなみに、そのポルチオやその周辺、子宮、腹膜、内蔵、骨盤、筋肉、骨格への刺激によって快感を起こさせることは「ポルチオ性感」と呼ばれています。)
 ポルチオについて詳しくは、この記事で⇒『ポルチオとは』
 
 上記したように、膣イキの「深イキ」は膣奥への刺激で起こることが多いので、膣の「深イキ」を経験するには膣奥が性的に開発されることが必要なわけです。
 
 膣奥が開発されているかどうかを判断する方法はいくつか考えられますが、一番わかりやすいのは女性の反応や言葉だと思います。
 男性器の挿入中に、女性から「奥に当たるのが気持ち良い」とか「もっと奥に」、「奥を突いて」という様な言葉が出たり、膣奥への刺激を欲しがる様に女性自ら腰を動かすような反応が見られたら、
 (それらが女性の芝居で無い限りは)その女性は、ある程度以上には膣の奥が性的に開発されていると考えて良いと思います。

 ただ、「ア、ア、ア・・・」と言う様なアエギ声で判断するのはオススメしません。
 男性はアエギ声で女性の快感の量を判断しがちですが、女性が芝居をしていたり、痛みをガマンして声が出ているという場合もありますから。アエギ声が出ていれば喜んでいると考えるのは賢く無いと思います。

 次の章では、深い膣イキをするために膣奥を開発する方法について書いていきます。
 次の章へ⇒【深い膣イキをするために膣奥を開発する方法】
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2011/06/27 11:00 ] ⇒浅い膣イキ、深い膣イキ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。