イクための身体の力の入れ方 - イクために足をリキむ練習法

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒イクための身体の使い方 >  イクための身体の力の入れ方 - イクために足をリキむ練習法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イクための身体の力の入れ方 - イクために足をリキむ練習法

 クリイキ(クリトリスでイクこと)であれ、膣イキ(中イキ)であれ、
 女性がセックスやオナニーでイク時には基本的に身体にリキみが必要です。
 
 イキやすい女性だと、ほとんどリキまなくてもイケますが、多くの女性はリキみ(筋肉の緊張)が必要です。
 
 セックスやオナニーでイクことが出来ない女性には、
 イク瞬間や快感を強めるために、脚や全身でうまくリキめていない人がいます。
 自分ではリキんでいるようでも、上手く出来ていない場合があります。
 オナニーではリキんでイケるけど、セックスでは出来ないという女性や、リキめないからボンヤリとしかイケないと言う女性もいます。
 
 その様な女性は、身体に力を入れる練習をすることでイケるようになる場合があります。

 脚のリキみでは、
 「足の指を(握るように)内側に曲げる人」と
 「足の指と指の間が開く人」、
 「足の親指だけが反る人、足の親指だけ残して他の指は握る人」
 「足の指が反る人」
がいます。
  manzokunosusume_ashi_nigiru.jpg
  manzokunosusume_ashi_hiraku.jpg
  manzokunosusume_ashi_oyasor.jpg
  manzokunosusume_ashi_sorasu.jpg
 
 「指と指の間が開く」「足の親指だけ反る」のは、
 意識とは無関係に、イク時の反射運動でそれが起こっている人が多いのですが(意識的に自分でそうしている人もいます)、
 
 自分でイクことをうまくコントロール出来る女性は、イク瞬間にリキむのがうまいということでもあり。
 「足の指を内側に曲げる」か「足の親指だけ反る(足の親指だけ残して他の指は握る)」、「足の指を反らす」
 という動作になる女性が多いです。
 
 足先のリキみの連取として、
 手を握ってグーを作る様な要領で、
 自分の両足の指を内側に曲げてみてください。
 しっかり曲げて、握る様に力を入れて、
 上手く「足のグー」が作れるでしょうか?
 
 また、足の指を開いたり、親指だけ反らすことができるでしょうか?
 
 足の指でグーを作る、足の指を開く、親指だけ反らせる(足の親指だけ残して他の指は握る)、足の指を反らせる、これらのいずれか、自分に合うのを練習してみてください。
 
 次に、あお向けに寝て、
 足の指でグーが作り(あるいは、開く、親指だけ反らす)、
 
 それをしながら、尻(肛門)を締めるように力を入れてください。
 さらに、腹筋に力を入れてください。
 
 各部が同時にリキめているでしょうか?
 出来ない人は、うまく力を入れられる様に練習してください。
(足の指を開く、親指だけ反らす、の方がリキめる人はそれで良いです)。
 
 脚に力を入れると脚がつるという人は、運動不足、マグネシウムの栄養素が足りないかもしれません。
 
 次に、あお向けで脚を曲げて、同様に各部に力を入れてください。
 セックスの正常位の体勢です。
 

 
 こうやって脚を曲げても、足の指や全身でリキむことが上手く出来るようになると、
 セックスで快感の高まりに合わせてか、イキそうな瞬間にリキむことでイキやすくなるはずです。
 すでにイケる女性であれば(クリイキ、膣イキ)、それまでより激しい快感でイケるはずです。  
 ちなみに、イキやすい身体の女性だと、こうやって自分で全身に力をいれるだけで痙攣しながら膣イキを繰り返します。
 
 なお、リキむことでなかなかイケない場合は、逆に全身の脱力をしてみてください。
 リキみよりも、イキそうな時も脱力していた方がイケるという女性もいます。
    
 本来は、セックスの最中に、女性が上手く身体を使えるように男性が指示してあげる様にすれば良いのですが、
 なかなか、女性の身体の使い方まで意識出来る男性は多く無いようです。

 女性が自分の身体を上手く使えるようであれば、自分で快感を大きくすることが出来るので、
 男性側のセックスの問題をカバーして、イクという領域に前進出来るかもしれません。
 
 【関連記事】
 ⇒『膣イキ(中イキ)するには、身体に力を入れたほうが良いのか?力を抜いたほうが良いのか?』
 ⇒【事例集】『オーガズムのための身体の使い方 - イクための手がかりはそこにある。ある女性の始めての膣イキ。』  
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2011/07/05 00:59 ] ⇒イクための身体の使い方 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。