イケていたのに「イケなくなる理由」 。セックスレスの原因 - 女性の身体と精神の状態の影響

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆女性が絶頂感を得るには◆◆  >  ⇒イケていたのがイケなくなる理由 >  イケていたのに「イケなくなる理由」 。セックスレスの原因 - 女性の身体と精神の状態の影響

イケていたのに「イケなくなる理由」 。セックスレスの原因 - 女性の身体と精神の状態の影響

 セックスで絶頂感を得られないことに悩む女性は多いのですが、
 なかには、イケていたのがある日を境にイケなくなるという女性もいます。
 
 
 女性は、ほぼ一生を通じて「肉体の変化」と「精神の変化」を常に経験していきます。
 極端に言えば、女性の精神は常に不安定であり、
 生理があるように肉体の変化も常に起こっています。
 生理があることで毎月毎月生まれ変わっている言っても良いかもしれません。
 
 女性の肉体的な変化、精神的な変化にはホルモンが大きく関わっています。
 
 例えば、子供を産んだことをきっかけにセックスレスになるという話は良く聞きますが、
 出産後のセックスレスの原因の一つになるものに「プロラクチン」というホルモンがあります。
 
 「授乳ホルモン」とも呼ばれる「プロラクチン」には、女性の母性本能を働かせる作用があり、育児という困難を母親が耐えることができるのは、このホルモンの働きのおかげだとも言われます。
 
 出産後、女性の身体からは女性ホルモンが減り、「プロラクチン」が増えていることで母性が優先している状態になります。
 この状態だと「性欲が湧かない」と言う女性も珍しくないのです。
 さらには母性が強い状態なので、セックスをするより育児が優先、優先にしている育児で疲れているからセックスするより「寝たい、休みたい」となり、自然とセックスレスになっていくのです。
 
 プロラクチンは男性にも分泌されます。
 男性も性欲が減退し、これが出産後のセックスレスの原因にもなっています。

 この様に、身体の変化や精神状態の変化は女性のセックスに大きな影響を与えます。
 
 スポーツの名選手がスランプの時期でもソコソコは結果を出す様に、
 かなりイキやすい女性だと、イクことのコツをつかんでいるので、なかなかイケなくなるということは無いのですが、
 イクことが出来ていた女性がイケなくなるのには、
 この肉体的変化や精神的変化が原因の場合が多いのです。
 
 
 出産後にセックスレスや性的不感症になる女性がいる様に、
 出産後にイケなくなる女性もいます。
 
 病気が原因でイケなくなる女性もいます。
 子宮や内臓の病気になっていてイケなくなる女性や、
 大きな病気の治療後にイケなくなる女性もいます。
 急に太ったり、無理なダイエットでホルモンバランスが崩れイケなくなる女性。急なダイエットで筋肉が落ちてしまったせいでイケなくなる女性もいます。
 
 脳内物質を抑制する薬や筋肉の薬などなど、医療薬の効果のせいでイケなくなる女性もいます。
 
 ホルモンの影響など、肉体的な変化でイケなくなった場合は、身体の回復やホルモンバランスの安定などで、やがてまたイケるようになる場合も良くあります。
 

 失恋、パートナーの浮気、チカン、強姦、幼い頃のトラウマ、誰かの死、失業、仕事のストレス、人間関係の問題、セックスの最中に傷みを感じた、それらをきっかけにイケなくなる女性もいます。
 精神的なショックがイケなくさせるのです。
 精神的なショックは自覚しているとは限りません。無意識に心に傷を作ったままでいる場合もあるのです。
 
 精神的な何かが原因の場合は、その精神的なショックを弱めることで再びイケる様になるものです。
  
 精神的な問題は、イケなくさせるだけでなく、
 女性を不感症にしたり、
 膣の筋肉を硬直させてワギニスムス(膣けいれん)を起こし、それが性交痛を起こすのです。
  
  
 他の精神的な影響としては、
 違う男性にパートナーが変わったことをきっかけにイケなくなる女性もいます。
 新しい相手に緊張していたり、
 愛情の量の問題ではなく、愛情はあってもセックスの内容が女性に合わなくなるとイケなくなる事があります。
 
 性行為の回数を重ねるごとに男性の行為がいいかげんになっていくことでイケなくなる女性もいます。
 「いいかげん」とか「飽きてしまう」ということに、女性の反応はとても素直なのです。
  
  
 さて、
 「肉体的な影響」であれ「精神的(感情)な影響」であれ、
 女性の身体は毎日違い。朝と昼と夜とでも違います。
 ホルモンの影響で身体が違えば、ホルモンの影響で精神状態も違います。
 生理前の感度、生理中の感度、生理が終わった直後の感度、排卵中の感度、それら全部が違って当たり前なのです。
 一年の中でも違います。夏は良い女性もいれば冬が良い女性もいます。
 
 「前回はイケたけれど、今回はイケない。」
 それで普通です。
 「昨日は気持ちよかったのに、今日になったらイマイチ」
 それで普通です。
 「カレのことは大好きなのにカレではイケない」「大好きなのにカレだと気持ち良さが少ない」
 それらも普通なのです。
  
 
 愛情込めた料理は誰でも作れますが、美味しい料理は誰でもが作れるわけではないのと同じで、
 性行為の「心の満足」は誰でも手に入れることが出来ますが、
 「身体の満足」は、愛情がたくさんあっても手に入れることができないこともあります。
 
 女性は、自分の身体と精神(感情)の変化が性行為に影響することを理解し、
 男性も、女性は常に変わり続ける存在なのだということを理解しなければならないのだと思います。
 (終)
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。