【3】幼い頃の性的トラウマを乗り越える - ある女性の初めての膣イキ。 『二度目の初体験で女に生まれ変わる』

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆【経験談】初めての膣イキ(中イキ)の事例集◆◆  >  ⇒トラウマを乗り超える女性の事例 >  【3】幼い頃の性的トラウマを乗り越える - ある女性の初めての膣イキ。 『二度目の初体験で女に生まれ変わる』

【3】幼い頃の性的トラウマを乗り越える - ある女性の初めての膣イキ。 『二度目の初体験で女に生まれ変わる』

 【2】からの続きです。
 
 身体にちょっと触れるだけでイキ、私が「イケ」と言えばイキ、指を鳴らせばイク。
 イキ過ぎてYさんの動きが弱って来たので、ここでまた休憩。Yさんはスゴイ汗です。
 シャワーを終えて、始めてから3時間。
「スゴイ・・・幸せ・・・セックスってこんなに疲れるんだ・・・でも幸せ・・・今までのはセックスはなんだったんだ・・・今までのはセックスじゃない・・・私は生まれ変われるんだ・・・幸せ・・・」
 Yさんはそんなことを呟いています。
 とにかく「幸せ・・・気持ち良い・・・幸せ・・・」それを繰り返し言うYさん。

 休憩として、一緒に風呂に入ることに。
「(湯船の)お湯の波が身体に当たるだけで気持ち良い」というYさん。
 少し談笑。
 湯船の中でYさんの肛門を刺激してあげるとこれでも繰り返しイキ、
「気持ち良い・・・幸せ・・・何でこんなに気持ち良いの・・・幸せ」とボーっとした視線で呟いています。
「まだ、おちんちんを挿れてないのに、今の段階でこんなに気持ち良くて・・・挿れたどうなってしまうんだろう・・・」と言う彼女。 
 
 風呂から出ると、
 ベッドでYさんの身体にまた触れていきます。あらゆる刺激にイクYさん。
 
 コンドームをして挿入することに。
 
 正常位で、ゆっくりと挿入していくと奥まで入ったところで連続イキが始まるYさん。
 私は、まったく動かないでいますが、彼女はイキ続けます。
「動かなくてもイッちゃうんだろ?」と尋ねると、
 Yさんは頷きながら「なんで?・・・なんで?」と呟きます。
 
 20分ほど、私はほとんど動かないでいましたがYさんは何度もイキ続けます。
 
 私は腰を動かし始めますが、セックスが終わった後のYさんの性交痛を知っていますから、突くような動きはしませんし、かき回す様な動きもしません。
 細かな動きですが充分です。
 
 感じている時、イク時に女性に大きな声を出させることで、さらに強い快感を呼び起こさせることが出来る場合があります。
 大声と白目でアゴが上がりっぱなしでイキ続けるYさん。かなり強烈な膣の締めつけの連続。イキながらさらにイクという状態の彼女。
 
 1時間ほど動いて、また休憩。
 私の横で「スゴイ・・・気持ち良すぎて・・・これが本当のセックスなんだね・・・」とYさんが言います。
「スゴイと言っても俺がスゴイのでは無く、もともとそうなれる身体だったわけで、こうなる才能はもともとあって、それが引き出されただけだけどさ。・・・イキまくる電気的な装置を外部からつけたわけじゃないし」と私。
「そっか、今まで出来なかっただけなんだ・・・」とYさん。
「二度目の初体験はここまでどんな感じ? 生まれ変わった様な気持ちかね?」とYさんに尋ねます。
「気持ち良すぎて幸せ・・・生まれ変わるんじゃなくて・・・私は本当の私にしてもらってるの・・・いろいろ話していると泣きそう・・・幸せな時は泣いたらもったいない・・・」とYさんは言います。
「人間は幸せな気分でも泣くもんだ」と私が言うと、
 Yさんは「そうか・・・」と言って、しばらく泣いていました。
 
 やがて、その日始めてYさんの性器に触れます。
 指によるクリトリスへの刺激です。
 クリトリスへの刺激なのにしばらく膣イキの反応を繰り返すYさん。ここはクリイキをさせたいのでクリトリスへの刺激が優先する様に触り方を変えます。
 そうすると間も無くクリイキするYさん。
 クリトリスで一度イクともうそれ以上クリトリスに触られたく無くなる女性は多いですが、Yさんも「もうダメ・・・」と、一度イッたことでそれ以上はイケないと訴えますが、
「いつもはそうだろうが、今日は何度でもイケる」と私は言いながら刺激を続けると、
「あああああ・・・ホントだ・・・ううう・・・」とYさんは何度もクリイキを繰り返します。
「何で、何回もイケるの?・・・・うう!・・・・・うう!」と呟きながらイク彼女。
「いつもよりも激しいクリイキだろ?」と尋ねると、Yさんは頷きます。
 それでも、身体の限界で「もう無理」とYさんが言うのでクリトリスへの刺激は止め、
「指を挿れるよ」と私は言うと、彼女の膣に指を一本挿入していきます。
 膣内の様子を探ろうとしたのですが、指が入っただけで膣イキを始めようとするYさん。 
 パウダーマッサージのあたりから、浅くイッた頂点のままの状態が続いている様子。
「じゃあ、とりあえずGスポットでもイッておこうか」と言って恥骨の裏側あたりを軽く刺激してイカせます。
「ココでもイケるだろ・・・ココでも・・・」と膣内のポイントを変えて繰り返し膣イキさせていきます。
「ようするに、どこを触ってもイケる・・・で、これが分かりやすいポルチオでのイキかな」と言うと、イキながら首が取れるのではというくらいYさんのアゴが上がるので、「そのまま白目むいてみな。もっと激しく深くイケる」と指示すると、呼吸が止まり完全に全身硬直してイキます。
 白目になる効果についてはこの記事で⇒『イクために普通ではない自分になる - 普通ではない状態が限界を超える。白目をむいてイク効果。』
 
 うつ伏せにさせ、また膣内を指で触っていきます。
 体勢が変わると刺激の伝わり方が変わり、イキ方も変わっていきます。「ああああ・・・すごひぃ~・・・・」と、刺激を与えている私の方は味わえない世界に沈んでいくYさん。
 途中、Yさんの肛門を指先でチロチロと触ると、それでもイケる彼女。
 あお向けで、 腹部から横隔膜を刺激する事で、呼吸のたびにイクようになるYさん。息を吸うたびにイクという自分の状態に「なんだこれ~~」と呼吸の合間に不思議がっています。 
 
 【4】へ続きます。⇒【4】へ
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。